« SUTHERLAND「HUBBLE」展示しました! | トップページ | 2008年のCD盤 »

2009年4月18日 (土)

LUXMAN「D-06」、ESOTERIC「SA-50」、DENON「DCD-SX」…~今、まさに買い替え時。SACDプレーヤー!

こんにちは。

 今回は、新製品SACDプレーヤーLUXMAN「D-06」、ESOTERIC「SA-50」などなどのご紹介。とにかく全て優秀!「そろそろCDプレーヤーを買い換えたい。」という方は特に必見です。

Dscn1114

♪LUXMAN「D-06(標準価格\525,000)」

 SACDプレーヤー「D-08(\997,500)」の普及価格版として発売されました、LUXMAN渾身の新製品。

 バーブラウン製最新DACの採用や、完全バランス構成のメカニズムなど、「D-08」メカニズムをできる限り投入して作られた大変お買い得なモデルです。

 SACDや、さまざまな高音質CDの再生にお薦めの、優れたオーディオ特性を備えていて、立体的に浮き上がる音場や、ダイナミックレンジの広い力強い中低域の再生が特長。シャシーの構造からデザインに至るまで、抜かりない仕上げもLUXMANならではです。

Dscn1117

♪ESOTERIC「X-05(\525,000)」

 ESOTERIC20年の集大成”VRDS-NEO(VMK-5)”メカニズムの魅力を存分に愉しめる、SACDプレーヤーの大人気モデル。

 ディスクメディアの情報を余すことなくピックアップする、「VRDS」らしい音楽再生は、とにかく情報量が多く、ハイ・スピード。再生する音楽ジャンルも選びません。

 過去のESOTERIC普及機にくらべ”音創り”にも積極的で、交響曲はよりダイナミックに、室内楽はより伸びやかに…と、ソースに合わせたサウンドでも愉しめます。某オーディオ誌でのベストバイ評価はダテじゃない!と素直に感じられるお薦めモデルです。

Dscn1115

♪ESOTERIC「SA-50(\409,500)」

 SACDトランスポート「P-01(\2,310,000)」と同じ高精度ピックアップを採用した”VOSP”メカニズムを搭載。最新の32bitDACの採用、USBデジタル入力に対応するなど、充実した装備が魅力のプレーヤーです。

 音創りについては「X-05」よりもさらに踏み込んだ、楽しさあふれるサウンド!オーディオ的な性能では”VRDS”メカ搭載モデルに及びませんが、数々のギミックやワクワクするサウンドで、飽きさせない魅力があります。「X-01D2(\1,470,000)」用の前面パネルを採用するなど、堅牢で高級感ある仕上げも特長です。

Dscn1118

♪YAMAHA「CD-S2000(\176,400)」

 ”完全バランス設計”で価格帯クラスを超えた高音質を実現する、サウンドハウス1Fのベストセラー・モデルです。

 特に”空気感”の表現力は特筆モノ。一昔前のモデルであれば、少々上位の機種でも再現しきれない(平面的に聴こえてしまう)SACDなどの空間情報も、いとも簡単に再現します。 かつてのYAMAHAを髣髴とさせるシンプル・デザイン、静粛性の高い薄型アルミトレイなどの造りのよさも人気です。

※価格等はお問い合わせ下さい。

1F担当:富田 tomi@dynamicaudio.co.jp

お問い合わせは サウンドハウス (03)3253-2001 1F:林、富田、とも田まで。

サウンドハウス 1F:Web http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/1f/index.html  

|

« SUTHERLAND「HUBBLE」展示しました! | トップページ | 2008年のCD盤 »