« お知らせ!! | トップページ | お知らせ!! »

2009年4月12日 (日)

これで満足!魅惑のVOSPメカ SA-50その4

Dynasoundhouse1f

spadespadespadeサウンドハウス1Fspadespadespade

実はこの商品の紹介に至る際、ここまで

調査しました。!!

思えばメカトロニクスの事はは今まで どこにも

紹介してませんでした。

■第1回目の紹介はこちら■

■第2回目の紹介はこちら■

■第3回目の紹介はこちら■

 

Sa50

■メーカーHPはこちらをクリック■

↑先ずはこちらでも仕様を確認。

希望小売価格 409,500円

(税抜390,000円)

> 価格 お尋ね下さいませ。

 エソテリックといえば、誰もが想像するのは

もはやドライブメカに対する構造だと思います。

(ただ、近年 他社も意欲的なメカニズムを投入

しており、このメリットは昔ほどではないかも

しれませんが.......)

いずれにせよ定評のあるメカニズムVOSPメカ

とは如何に?

Photo

 色々と直にお話をいただき恐縮しました。

実に親切なご指導で このような方たちが

今の日本を支えているのだと考えます。!!

Cimg1809

 4本のワイヤーで固定して常に読み取り面に対して
 垂直になるため 拾い上げる情報量の向上に貢献。

最初、上記のような解釈をしていましたが正確には

以下のような記載になります。

  →一つの軸を中心に回転運動をし、同じ軸に沿って
   上下運動をするので、レーザーが常に読み取り面に対して
   垂直になるため 拾い上げる情報量の向上に貢献。

最近ではハイエンドのプレイバック社がこのメカニズム

を採用しています。

Cimg1802

メカニズムに対しても お金がかかっていることは

目視にてもはっきり分かりましたし、海外への

ドライブメカ輸出に対しても実績があります。

Cimg1803

そういえば海外のCDPはTEAC製やエソテリック製

のドライブメカを採用した機種が増えてきたように

思えます。

 さらにSA-50の設計秘話を聞いた際、ちょっと

文面で書けないような情報も入手しました。

その情報とは?........

(続く)

↓↓電話で、メールでご予約!↓↓

tomo@dynamicaudio.co.jp

(触ってみて実にワクワクします。)

↓↓電話でも お待ちしております。↓↓

真空管やアナログプレーヤーは勿論、デジタルまで
お問い合わせはサウンドハウス1Fまで

TEL:03(3253)2001  FAX:03(3253)2006

Dynasoundhouse1f spadespadespade1F HPコンテンツ紹介spadespadespade

■サウンドハウス1FのHPはこちらをクリック■ 

ダイナ サウンドハウス1Fアナログ球手箱はこちら 

サウンドハウス1F 過去のブログ選! 

◆アンプコーナー  ◆ 

◇スピーカーコーナー◇

◆プレイヤーコーナー ◆ 

◇アクセサリーコーナー ◇

メールアドレスはこちらです。 ~ご予約承ります。~

音の職人:林 hayashi@dynamicaudio.co.jp

アシスタント:富田 tomi@dynamicaudio.co.jp 

       とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp 

|

« お知らせ!! | トップページ | お知らせ!! »