« ちょっとイイ話!! | トップページ | お知らせ!! »

2009年5月 8日 (金)

audio analogue PRIMO VT TUNERを覗く。その3

Dynasoundhouse1fspadespadespadeサウンドハウス1Fspadespadespade

只今、1Fと2Fでこの商品 全員がハマっています。

(中々、全員一致はないのですよ。本当に)

 DSを最近アピールしていますが、これなんか

AS(ANALOG STREAM?)なんて言葉使ったら

どうなんですかね。(笑)このような商品を作って

いるイタリア人に感謝、感謝。実にいい仕事

してます。是非、管球王国でも紹介して欲しい

ものです。このような商品待っている人多いと

思いますよ。アナログ放送再発見!

Primotunervt20

■第1回目の商品紹介はこちら■

■第2回目の商品紹介はこちら■

(オープンプライス)極レアです。!

サウンドハウス1F価格:99,999円

>価格、納期 ASK

色:シルバーとブラックをご用意

一部台数限定の可能性有!

Cimg1923

 蓋を開いてみると、シンプルな構成にも

関わらず、箱いっぱいに使いきった基盤が

いかにもOh!イタリア~ノと叫びたくなる

大胆な部品の配置!写真では

上手く伝わっていないかもしれませんが、皆

一同、何かが違うと認識。何故でしょうか?

 また、左側に見える真空管はロシア製

エレクトロ ハーモ二クスの真空管が

見えます。球は低ノイズで透明感の高い

6DJ8を使用。

(2.0はさらに高信頼管6922を予定)

少なくとも日本人的でないのは確かです。

実際1FでFM放送を聴くと 球を使うことで

透明感のある音になってしまうことはデモでの

大きな発見ですね。 

Cimg1986

↑デモしています。ヒューマ二ティあふれる高音質

サウンドをお楽しみ下さい。

(隣にあるのは リモコンです。なんと、

ちゃんとついてきますから。嬉しい.....)

(続く)

↓↓電話で、メールでご予約!↓↓

tomo@dynamicaudio.co.jp

(実は5月中に最初の発注を考えています。)

納期は2か月を予定です。

↓↓電話でも お待ちしております。↓↓

真空管やアナログプレーヤーは勿論、デジタルまで
お問い合わせはサウンドハウス1Fまで

TEL:03(3253)2001  FAX:03(3253)2006

Dynasoundhouse1f spadespadespade1F HPコンテンツ紹介spadespadespade

■サウンドハウス1FのHPはこちらをクリック■ 

ダイナ サウンドハウス1Fアナログ球手箱はこちら 

サウンドハウス1F NEWコンテンツも準備! 

◆只今、工事中!◆

サウンドハウス1F 過去のブログ選! 

◆アンプコーナー  ◆ 

◇スピーカーコーナー◇

◆プレイヤーコーナー ◆ 

◇アクセサリーコーナー ◇

メールアドレスはこちらです。 ~ご予約承ります。~

音の職人:林 hayashi@dynamicaudio.co.jp

アシスタント:富田 tomi@dynamicaudio.co.jp 

       とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp 

|

« ちょっとイイ話!! | トップページ | お知らせ!! »