« 30日(土)1F試聴会 席残り僅かです。 | トップページ | 秋葉原日記 No.157 »

2009年5月26日 (火)

MTB-4 ~ Oyaide

夏日になりました
配達から帰ってきたら汗だくでした
どうも ボクです( ・A・)ノ

ケーブルにもピンキリがありますが
ボクの見解では
高いの使えばいいってモンでもなくて
場合・箇所によっては高価な品の方が良い
という事があり
高級機に繋ぐケーブルでも
場合によっては安価な方が良いことがあります

つまりMtb4_2
「値段で選ぶな材料を見ろ」
「適材適所」cd
ということですねー。

前のお店で書いた記事と
同じ内容ですが
電源タップのお話をば
 
 ↓

  P1560486
オヤイデMTB-4
コンセントはSWO-DX
シルバー+ロジウム仕様
内部配線は4N純銀線
シャーシは真鍮クロムメッキ
とっても豪華です
音を歪曲させない意図で
設計されてます
いいタップです

しかしこういう独立したタップは
唯一不安要素があります
壁→BOX間のケーブルが抜けることです
BOXから抜けたら
全部の電源が落ちますからね(笑)
機器、ケーブルの差し替えを頻繁に行う店では
常に配慮しなければなりません
足をひっかけないように…
その不安を解消するタップもありまして

OCB-1 EXsOcb1exs
こちらはMTB4と
同等のコンセント、配線
箱はカーボン配合のエンプラ
肝心の電源は
OFC線、強化シリコン、
カーボンスリーブを使ったケーブル
プラグはP-037
シルバー+ロジウム仕様です

銀、銀、銀づくしです
強く歪曲させることなく
サラッと忠実な嫌味の無い音でしょう
ですが 銀のクセが発生します
さらに色づけの無さに徹した物がありました

OCB-1 SX Ocb_1sx1
コンセントがSWOの無メッキ
プラグもP-029 無メッキ
内部配線は
DXは6N銅撚り線なのに
SXの方はOFC単線です
これも意図があります
ケーブルは 楽器用で御馴染み
Black MANBA
強固なシールディングで
スピードとS/Nが売りです
開放感には欠けますが
確かな輪郭と力強さがあります
無メッキで開放感を獲得しているから
Black MANBAを選んだと思います
箱は通常よりも厚く4mmの物です

コンセントとプラグが無メッキというのが
憎いですねー
無メッキは誇張させることがほとんどないので
どんな方にもお使いいただけます

結局 独立タップよりケーブル付きの方がいいのか?
いや、そうではないけど一概に言えない
タップと壁の間も好みのケーブルが選べたらいいですよね
自由度の高さや見た目でも
MTB-4が好きだなーcatface

OCB-1 EXs
定価 33,600
OCB-1 DXs
定価 27,300
OCB-1 SX
定価 25,200
MTB-4
定価 47,250

決して高額商品ではないですが
普通の感覚なら満足度はあるはずです full

PC⇒toMail

やまかた

|

« 30日(土)1F試聴会 席残り僅かです。 | トップページ | 秋葉原日記 No.157 »