« 「Scandinavia Festival!」その3~サウンド一新、HEGEL「H100」がやってきた! | トップページ | お知らせ!! »

2009年5月 3日 (日)

お待たせしました。初公開PRIMO VT TUNER2.0の全容 その2

Dynasoundhouse1f

spadespadespadeサウンドハウス1Fspadespadespade

 謎が謎を呼びBLOGでUP後、大変な反響を

呼びました。AUDIO ANALOGUEチューナー。

■第1回目の商品紹介はこちら■

Vt

 特にイタリア本国HPでもUPされていない

PRIMO VT TUNER2.0は前モデルと

どういう違いがあるのか多くの質問を

いただきました。ありがとう ございます。

要はこのモデル、最近はありそうでなかった

真空管をつかっているイタリア製

高級チューナーであることです。

■イタリア本国HPはこちら■

(バンドは日本仕様に合わせてありますので...)

 音質も確かに程ほどの肉感的というか厚みに

滑らかさが加わり、昔あったバリコンチューナーとは

また違った気持ち良さを届けてくれます。

 これなら 最近のFMチューナーにありがちな

ブツブツというかギザギザというか嫌なノイズ感が

随分と改善されていることに気がつきます。

そ・し・て........皆さんお待たせしました。

 そこで、本日 公開させていただきます。

これが、PRIMO VT 2.0です。じゃジャジャン!!

(御安心下さい。前モデルとほとんど変わって

いませんでした。(笑))

Primotunervt20

 どうも、発泡スチロールの上に載せて写真を

とってあるようですが、急遽、遥々日本からの

リクエストに応じて写真を撮った感さえあります。

泣かせる話ではないですか.......

違いとしては後ろのインレット部分が前のモデル

では一体型になっていたのが外せるようになった

こと....それぐらいですかね。

エクステリアでは見る限り変更が少ないよう

です。英文の文章を読んでも明らかな変更点は

少ないようです。

 これで少しはスッキリしましたでしょうか?良し悪し

はともかく熱烈ラジオFANは1Fで デモ品を一度

聴いてみてはどうでしょうか?

実にラジオLIFE楽しいですよー。

(これさえあれば、TVいらなくなります。)

(続く)

↓↓電話で、メールでご予約!↓↓

tomo@dynamicaudio.co.jp

(実は5月末までに最初の発注を考えています。)

納期は2か月を予定です。

↓↓電話でも お待ちしております。↓↓

真空管やアナログプレーヤーは勿論、デジタルまで
お問い合わせはサウンドハウス1Fまで

TEL:03(3253)2001  FAX:03(3253)2006

Dynasoundhouse1f spadespadespade1F HPコンテンツ紹介spadespadespade

■サウンドハウス1FのHPはこちらをクリック■ 

ダイナ サウンドハウス1Fアナログ球手箱はこちら 

サウンドハウス1F NEWコンテンツも準備! 

◆只今、工事中!◆

サウンドハウス1F 過去のブログ選! 

◆アンプコーナー  ◆ 

◇スピーカーコーナー◇

◆プレイヤーコーナー ◆ 

◇アクセサリーコーナー ◇

メールアドレスはこちらです。 ~ご予約承ります。~

音の職人:林 hayashi@dynamicaudio.co.jp

アシスタント:富田 tomi@dynamicaudio.co.jp 

       とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp 

|

« 「Scandinavia Festival!」その3~サウンド一新、HEGEL「H100」がやってきた! | トップページ | お知らせ!! »