« 秋葉原日記 No.162 | トップページ | Criterion ~ Jeff Rowland D.C. »

2009年6月23日 (火)

NEW上杉アンプとDCD-SXで鳴らすJBL S4600の新たな世界

Dynasoundhouse1f

魅力的なBEST PRICE

ご用意しました。!!

 お手軽1000円CDでここまで楽しめる

なんて......

クリフォードブラウン&マックスローチを

JBL S4600で聴いてみました。

特にクリフォードブラウンが吹くトランペット

は もはや吹くではなく、奏でるような唄い方。

本当にサイコーです。

S4600jblJBL S4600

Cimg2227

ブラウン・ローチインコーポレイテッド

屈指の名演も1000円で楽しめる恐ろしい

世の中......

昔の貸しレコード屋でのレンタル料金の方

が高かったのでは?と思うぐらいです。

全く泣けてきます。

話はちょっとそれましたが.....今回ご用意した

機材はこちらです。!

↓  ↓  ↓

Jbllogo

 

Cimg2223

 価格、サイズ、音質で今のJBLを具体化している

人気機種の一つS4600。この辺りからが本格的な

ステレオ道へ続くJBLスピーカーと考えている方は

多いはず。鳴らしてみたい!

Cimg2221

U-BROS31 トーンコントロール、

MMフォノイコライザー付き と必要な

モノを標準装備 おススメ!

Uesugi_logo

Cimg2222

 やっと上杉アンプU-BROS30MK2が準備

できました。今回の上杉新製品アンプの中でも

一番の変更点の多いアンプで注目している方は

これまた多いと考えます。勿論、所有欲をくすぐる

ビンテージ管があなたの胸にドキュン!

Denon

Cimg2219

デノン新旧フラッグシップの共演

DCD-SA1、DCD-SX

 特に 新フラッグシップDCD-SXで

鳴らすS4600では低域の解像度、音触が

DCD-SA1とは また違った新境地を

与えてくれます。

(デジタル入力付きでさらに楽しめます。)

そこで......

スピーカー   JBL S4600

          966,000円(ペア)

プリアンプ   上杉 U-BROS31

          300,300円

パワーアンプ 上杉 U-BROS30MK2

          409,500円

SACD・CDP  DENON DCD-SX

          840,000円

標準販売価格 2,515,800円

なんとお買い得価格

税込 200万円!!

でどうでしょうか?

試聴可能です。是非、聴いてみてください!

この組み合わせで 各々の装置に新たな

息吹が宿ります。!

 特にJBL S4600が持つ楽器の質感の

表現は 他のSPでは決して真似のできない

音色と思いますし、この35cmウーハーというのも

余計にAMPにお金をかけないで済むギリギリの

選択かな?とも考えています。

 また、現代のAUDIO商品群に合わせやすくなった

NEW上杉アンプの魅力、DENON DCD-SXの持つ

豪華なつくり と解像感。

これは まさに所有することで趣味と公言できる

ベストバランスな組み合わせかも.....

Dynatuhan_2

さらに遠方の方にも朗報です。電子決済にて

クレジット支払いも可能です。

(勿論、従来どうりのお支払方法も選択可)

詳しくはお問い合わせください。

↓御注文、ご予約お待ちしております。↓

hayashi@dynamicaudio.co.jp

↓↓電話でも お待ちしております。↓↓

真空管やアナログプレーヤーは勿論、デジタルまで
お問い合わせはサウンドハウス1Fまで

TEL:03(3253)2001  FAX:03(3253)2006

Dynasoundhouse1f spadespadespade1F HPコンテンツ紹介spadespade

■サウンドハウス1FのHPはこちらをクリック■ 

ダイナ サウンドハウス1Fアナログ球手箱はこちら 

サウンドハウス1F NEWコンテンツも準備! 

◆只今、工事中!◆

サウンドハウス1F 過去のブログ選! 

◆アンプコーナー  ◆ 

◇スピーカーコーナー◇

◆プレイヤーコーナー ◆ 

◇アクセサリーコーナー ◇

メールアドレスはこちらです。 ~ご予約承ります。~

音の職人:林 hayashi@dynamicaudio.co.jp

アシスタント:富田 tomi@dynamicaudio.co.jp 

       とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

|

« 秋葉原日記 No.162 | トップページ | Criterion ~ Jeff Rowland D.C. »