« 5階フロア パワーアンプ紹介 | トップページ | デモしていマス!! »

2009年6月30日 (火)

JBL4338&OCTAVE V40SE.

4338630 V40se
やっぱりこの時期は雨が降っていると落ち着きます、あんなに晴れてしまうと季節感狂いそう。現在7FのJBL4338はOCTAVEの新製品「V40SE」でドライブしています、このプリメインアンプの期待以上の鳴りっぷりには毎日感心する程です。ハイブリットプリメインアンプという事もありドライブ力に関しては38cmウーファーでも何ら問題なく、歯切れの良い音でどんどん聴かせてくれています。

展示開始から1週間程経ちましてちょっと落ち着いてきた事もあり大型ウーファーを鳴らしてみようという事でJBL4338と組み合わせています、実に感触が良いです。多少カラッとした鳴り方が出来るのも他の真空管アンプと違って好きなところなのですが、やはり楽々のドライブ感がまずは1番に実感出来るところですね。先日のお知らせにも書きましたがここでの「V40SE」にはKT88を使用しています、EL34よりもスッキリしていてここのシステムにはKT88の音が合いそうだと思いました。システムによって真空管を選べる事は嬉しい事です、EL34が合うシステムも魅力的ですね、真空管の差し替えも簡単ですしバイアス調整も本体前面のランプ表示に合わせてマイナスドライバーでくるくる回すだけ、実に気の利いたつくりになっています。JBL4338はプリメインアンプでも元気に鳴ってくれるところが頼りになります、受け皿が広く楽しみ方の幅が大きいスピーカーでこのフロアーでも常に中心で楽しませてくれています。V40SEはもう少し経ったら専用強化電源「Black Box」を追加して更に磨きをかけていこうと予定しています。暫くはJBL4338大型ウーファーをしっかり鳴らしていきますので是非ご試聴にお越し下さい。

JBL4338
¥1,407,000(税込定価)

OCTAVE V40SE
¥588,000(税込定価)

※販売価格はお問い合わせ下さい。




その他の7Fの情報はこちらをご覧下さい、
サウンドハウス7F

※上記内容へのお問い合わせは下記担当柴田までお願い致します。

サウンドハウス7F
03ー3253−2001柴田shibata@dynamicaudio.co.jp

|

« 5階フロア パワーアンプ紹介 | トップページ | デモしていマス!! »