« ちょっとイイ話!! | トップページ | 秋葉原日記 No.162 »

2009年6月22日 (月)

OCTAVE「V40SE」.

Cimg2238
昨夜の湿度の高さにはさすがにへこみました、梅雨はこんなものですが。
少し前にお知らせしましたOCTAVEの新製品プリメインアンプ「V40SE」が入荷しました、試聴した時の鳴りの良さに驚いていたので入荷が待ち遠しくもありました。

ここでは迷い無くブラックを選びました、箱を開けて本体を見てもずばり格好良いです。今回は使用真空管を選べるということもあり、EL34と比べて個人的に好みに合ったKT88にしています、この選択は組み合わせるスピーカーやシステムに合わせてお考え頂けますし、勿論どちらも準備して差し替えて楽しむ、という事も大きな魅力です。ハイブリット構成のプリメインアンプということもあるのですが、この鳴りっぷりの良さを1番にお勧めしたいと思います。見た目にも真空管アンプというイメージが強いですが、OCTAVE全製品に共通してその真空管っぽさが出過ぎないのが良いところだと感じています。入力系統には音量調整をパスしてAVシステムへも組み込めるありがたい準備もあり、システムアップによるプリやパワーの追加可能。そして「ECOモード」として無信号で5分を過ぎますとスリープモードになりこの時のアイドル電流は20Wとなります、これは本体背面で設定出来ますのでお好みに合わせてご使用頂けます。先に発売されたV80も素晴らしかったのですが、このV40SEは価格から考えても満足度は十分すぎる程高いと思います。ここでも大型のスピーカーを楽々とドライブしていますので、是非ご試聴頂ければと思います。今後は専用強化電源「BLACK BOX」等も追加して変化の様子を見ていきたいと思います。


OCTAVE Hybrid Integrated amp V40SE
¥588,000(税込定価)
※販売価格はお問い合わせ下さい。




その他の7Fの情報はこちらをご覧下さい、
サウンドハウス7F

※上記内容へのお問い合わせは下記担当柴田までお願い致します。

サウンドハウス7F
03ー3253−2001柴田shibata@dynamicaudio.co.jp

|

« ちょっとイイ話!! | トップページ | 秋葉原日記 No.162 »