« ちょっとイイ話!! | トップページ | 秋葉原日記 No.163 »

2009年6月28日 (日)

新製品、続々登場。Pioneer続報!~サウンドハウス1F、これからの試聴ラインナップ。

こんにちは。

 今回は、Pioneer新製品の続報。”MK2”にニッポン・ブランドの底力を見た!

Dscn1220 Dscn1221

♪「PD-D9 MK2(税込標準価格\140,000)」、「A-A9 MK2(\140,000)」

 前回”マルチ・ミュージック・プレーヤー”「PDX-Z10(\150,000)」をご紹介しましたが、単品コンポーネントにもHOTな新製品が登場しました。

 高純度な音楽再生で人気のあったSACDプレーヤー「PD-D9(\135,000)」と、”正確”な再生能力が特徴のインテグレーテッド・アンプ「A-A9(\138,000)」が、”MK2”にモデルチェンジです。

 見た目では、同社の「KURO」シリーズに合わせたブラック仕上げ/ブルーLEDディスプレーが目を引きます。内容にも細かく手が加えられ、かなり進化を遂げているようです。

 実際の進化は、つなげてみて音を出して初めてわかります。(ここは食わず嫌い禁止!!!)

 ”世界最高峰”といわれるレコーディングスタジオ「Air Stadios」のサウンド・エンジニアによる音質チューニングが、もともと持っていたコンポーネントの実力を発揮!

 「PD-D9 MK2」では、ウォルフソン社製「WM8741」DACの正確で、透明度の高い音質にパイオニアらしい明るいサウンドをプラスオン!オーディオとしてはもとより音楽的にも”リアル”なサウンドに生まれ変わっています。

 「A-A9 MK2」も、前の機種にくらべメリハリのあるサウンドに変化。もとのレスポンスのよさ、リニアリティのよさをより活かして、特に静寂感や音色がグッとリアルに感じられます

 そして、もうひとつの収穫が”SERIES 8”の「S-81B-LR」S_81b_lr_zoom ”アラミド・カーボン”振動板採用のパイオニア・オリジナルドライバーを採用したブックシェルフです。

 ”コルゲーション・エッジ”の採用で、異例のリニアリティ性能を発揮。

 専用スタンドとセットで税込\250,000/pair、スピーカー単独では\150,000/pairとお買い得ですが、交響曲をストレスなく鳴らす実力。粘り(弾力性)のある音色もGood!

※それぞれ、好評発売中!価格等、お問い合わせ下さい。

新製品情報:Pioneer「PDX-Z10」の記事はコチラ

marantz「SA-13S2」、「PM-15S2」の記事はコチラ

1F担当:富田 tomi@dynamicaudio.co.jp

お問い合わせは サウンドハウス (03)3253-2001 1F:林、富田、とも田まで。

サウンドハウス 1F:Web http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/1f/index.html

 

 

|

« ちょっとイイ話!! | トップページ | 秋葉原日記 No.163 »