« 秋葉原日記 No.167 | トップページ | ちょっとイイ話!! »

2009年7月19日 (日)

MARK LEVINSON NO53.

No53
Mark Levinsonリファレンスモノラルパワーアンプ「No53」がきています。来週末はMclntoshの新製品真空管パワーアンプで試聴会を行いますが、それまではこちらでJBL4348を鳴らしています。スピーカーにはちょっと贅沢なアンプですが、久しぶりに突き抜けた音が楽しめているように思います。BigBandのホーンセクションがうねるようにリズムを刻んでいく様が見事です。

マークレビンソンの独特な静けさから始まる音はこのパワーアンプを入れただけで十分システムを支配できる力を持っています。音数が増えれば増える程その瞬間の懐の深さを垣間見ることになり、ピアノソロでは鍵盤一つの響きにゾッとするようです、さすがはリファレンスに掲げた貫禄の音ですね。来週末のMclntosh試聴会までは鳴らしている予定ですので興味ある方は是非ご試聴にお越し下さい。


Mark Levinson Reference Monaural Power Amplifier No53
¥7,560,000(税込定価、ペア)

※販売価格はお問い合わせください。






来週末はMclntosh新製品の試聴会があります、詳細は下記をご覧ください。
Mclntosh新製品「MC2301」真空管モノラルパワーアンプを聴く」


その他の7Fの情報はこちらをご覧下さい、
サウンドハウス7F

※上記内容へのお問い合わせは下記担当柴田までお願い致します。

サウンドハウス7F
03ー3253−2001柴田shibata@dynamicaudio.co.jp

|

« 秋葉原日記 No.167 | トップページ | ちょっとイイ話!! »