« デモしていマス!! | トップページ | ダイナミックキャンペーン・・・当社ではなくリンのキャンペーンのお知らせです。 »

2009年7月25日 (土)

泰然自若

晴れました!Trd0807262014022p21
今日は隅田川花火が催されます
どうもです (・-・)/
かーぎやー

MARK LEVINSON
No_512
No_53
フロアに来ました

No512_ph_3
No_512 
定価2,205,000円P1020699_3

No53_ph_3
No_53
定価7,560,000円(モノ・ペア)
…こちらも大玉ですねcoldsweats01
今ならお得ですよ♪

先日もまたコンサートに行っちゃいました

 ↓

 
アコーディオンの第一人者
Lars Holm(ラースホルム)さん
スウェーデンからいらっしゃいました

Photo_7

オーディオフリークからすれば
スウェーデンはメジャーな国ですよね
福祉国家であり
軍事産業で発展し
ノーベル賞選考委員会もあるから
物理研究なども盛んです
でもイメージは酪農tauruscapricornus
そんな国から来日したラース先生
安堵と清涼感をホールいっぱいに
満たしてくれました
演奏の安定感は抜群で
もうさすがとしか言えません

毎回の演奏前に
天を仰ぐのです
アコーディオンの名手で
最近亡くなられたオット氏の曲を
演奏されるときは
空中へ手をかかげ
「亡き友人オットに捧ぐ」
と大声で宣言し
迫真の演奏をされました
ちょっと目頭が熱くなりましたweep

公演終了後ご本人と
お話させていただいて
とてもお茶目な方だなと思いました
この人の演奏をその国のオーディオで
聴いてみたいと思いました
 
 
ゲストで共演したのは
バンドネオン奏者
三浦一馬さん 19歳

Photo_8

小松亮太氏と
ネストル・マルコーニに師事
国際アストル・ピアゾラコンクールにて
最年少準優勝を果たした新星
アコーディオンよりも小さいバンドネオン
ですが 彼が弾けば
厚みのあるハーモニー
サイズを越える低音
ギター以上に自体の箱鳴りが
重要な楽器なのでしょう
独奏なのにアンサンブルを聴いているよう
鳥肌立っちゃいました
「この楽器なら何でもできそう
 そう思わせてくれる楽器です」

…なるほど

Photo_9

お話をしてみると
とても10代とは思えぬ落ち着きっぷり
私の方が幼稚な気がしてきた…

ラース先生とピアゾラの曲を
共奏してくれました
見た目そっくりでも
まったく鳴りが違う2つの楽器
この共演は忘れられない公演になりました

バンドネオンの蛇腹
何か似てるなーと思えば
ELACのツイーターですよね
あれも織り込まれて入ってますから
バンドネオンもドイツ製がありますし
なにやら縁というか意図がありそう…?

4階のヨーロッパ製のオーディオで
おふたりの曲を聴きました
清風明月ですconfident
都合をつけて5階でもFs210ce_2
欧州機を用意してみたいと思います

ELAC ドイツ
FS 210 CE
定価840,000円

Fs210ce


BLADELIUS スウェーデン
Thor Mk2Thor_s
定価619,500円

Photo_2

 
 
AUDIA イタリア
Flight Two Mk2Flighttwo_2
定価609,000円

Two_2


アルゼンチンタンゴを
その国の機器で聴こうと思っても
南米のオーディオはありませんからね
酒場に行けば生で聴けるし
みーんな演奏できるし
ひょっとしたら
彼らには無粋なのかもしれません

telephoneTEL⇒03-3253-2001
mailtoPC⇒toMail

ヤマカタ

|

« デモしていマス!! | トップページ | ダイナミックキャンペーン・・・当社ではなくリンのキャンペーンのお知らせです。 »