« A polite structure ~ G1302 | トップページ | お知らせ!! »

2009年7月14日 (火)

U-BROS33mkⅡについて

Ubros33mk2 基本的な回路構成は、U・BROR30mkⅡと同じです。パワー・ステージをパラレル・プッシュプル方式として、30Wという大出力を得ています。この場合、ステレオ・アンプとしてまとめるとパワー・チューブがシャーシ上面に8本も並ぶことになり、パワー・トランスの容量が、2倍となりますから、大型アンプで重量級になってしまいます。私の場合、ナチュラルな低音を得るということからスピーカー・システムの大型化は認めますが、アンプの大型化はスマートさにかけますので好きになれません。重量級アンプはセッティングをするのに苦労します。そういった理由から、U・BROS-33mkⅡはモノラル・アンプとしてまとめています。ステレオ再生におけるモノラル・アンプのメリットは、左右チャンネルの干渉が実用上ゼロであるということです。

<U・BROS-33mkⅡの主要規格>
●入力感度:640mV/フル・パワー

●入力インピーダンス:約100KΩ

●連続最大出力:30W

●出力マッチング・インピーダンス:4Ω、8Ω、16Ω

●周波数特性:5Hz~100KHz(-1dB)

●歪 率:0.1%

●ダンピング・ファクター:12 (ON-OFF法にて測定)

●残留雑音:0.15mV以下(高調波成分一切含まず)

●消費電力:140W

●外形寸法:318Wx199Hx230Dmm

●重 量:約17Kg

音の職人:林泰夫:hayashi@dynamicaudio.co.jp

|

« A polite structure ~ G1302 | トップページ | お知らせ!! »