« 5階からお知らせ | トップページ | ちょっとイイ話!! »

2009年7月11日 (土)

U・BROS-30mkⅡについて

Ubros30mk2 回路構成はムラード・タイプでまとめています。ムラード・タイプのオリジナルはトップ・ステージに5極管を使用していますが、大きなゲインを必要としない為にトップ・ステージは3極管とし、高域特性の老化を防いでいます。ドライバー・ステージ兼フェーズ・インバーター・ステージはカソード結合型で、これは高性能と高安定性が特徴です。NFBアンプの低域での安定性を考えてトップ・ステージとの直接結合としており、高安定性を確保することから、トップ・ステージのB+供給電源には十分なブリーダー電源を流しています。パワー・ステージはパワーよりもハイ・クォリティということから,EL34を3極管接続としており、プッシュプルで動作させています。控えめな動作としていますが、アウトプット・トランスのロスが大変少ないために、16W+16Wというパワーが得られています。電源部はチョーク・コイルとブリッジ整流回路から構成しており、レギュレーションの優れた電源に仕上がっています。出力端子には4Ω、8Ω、16Ω、の3系統を設けていますから、最新型のスピーカー・システムからヴィンテージ・スピーカー・システムにいたるまで、すべてのスピーカー・システムにマッチングいたします。
<U・BROS-30mkⅡの主要規格>
●入力感度:700mV/フル・パワー

●入力インピーダンス:約100KΩ

●連続最大出力:16W+16W

●出力マッチング・インピーダンス:4Ω、8Ω、16Ω

●周波数特性:5Hz~100KHz(-1dB)

●歪 率:0.1%

●ダンピング・ファクター:12(ON-OFF法にて測定)

●残留雑音:0.15mV以下(高調波成分一切含まず)

●消費電力:140W

●外形寸法:350Wx199Hx282Dmm

●重 量:約20Kg

音の職人:林泰夫:hayashi@dynamicaudio.co.jp

|

« 5階からお知らせ | トップページ | ちょっとイイ話!! »