« 機と木 | トップページ | ちょっとイイ話!! »

2009年11月24日 (火)

7F JazzPianistWeek(4/7).

Raybryant
7Fでは11/21をスタートにして週変わりでメニューをご用意して演奏していますが、7現在のメニューは「JazzPianist」となっています。一日中色々なピアニストがここで演奏していますが、その中からピックアップしてご紹介したいと思います。

本日はレコードでのご紹介です、レイブライアントの58年のソロアルバム。彼の作品では「Ray Bryant Trio」が有名どころですがA-1「Blues ♯3」から始まるジワッとブルース風味のこのアルバムもまた良いかと思います。どことなく寂しげでも温もりのあるフレーズを聴かせてくれる曲が多く、このソロアルバムは最後までゆっくり聴いていたい、そんな気持ちにさせてくれて今の季節にもぴったりだとも思います。こういったアルバムを一枚じっくり聴き込むというのも大切な時間ですね。


ALONE WITH THE BLUES/RAY BRYANT
(1958 Prestige ※写真はUS再発盤)


※今週末の試聴会、注目のブックシェルフスピーカーをお聴き下さい。
LINNで聴くAudio Machina CRM

※その他の7Fの情報はこちらをご覧下さい、
サウンドハウス7F

※上記内容へのお問い合わせは下記担当柴田までお願い致します。

サウンドハウス7F
03ー3253−2001柴田shibata@dynamicaudio.co.jp

|

« 機と木 | トップページ | ちょっとイイ話!! »