« 上杉研究所もNET-SHOPで登録完了しました。 | トップページ | GK »

2009年12月 7日 (月)

LIVEへ行きまシタ!!

◆◇◆ DR.IGARASHI   Today'sPhoto_70eyes  ◆◇◆Beers_68

☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 97%

           チック・コリア
リターン・トゥ・フォーエバーを見タ!!
Photo
11月29日の日曜日にBLUE NOTE東京で、
チック・コリア&リターン・トゥ・フォーエバー
のLIVEを見てきまシタ。

今回はリターン・トゥ・フォーエバー第二期の
メンバーから、ギターのアル・ディ・メオラを
抜いたアコースティック・ピアノ・トリオ。

チック・コリア(P)スタンリー・クラーク(B)
レニー・ホワイト(DS)のメンツ。

リターン・トゥ・フォーエバーの曲、
「浪漫の騎士」「サムタイム・ア・ゴー」を始めとシ。

何と驚き!!
ビル・エヴァンスの「ワルツ・フォー・デビー」や
セロニアス・モンクの「ブルー・モンク」といった
ジャズの永遠の名曲まで披露ってゆーサービスぶり!!

このアコースティック・ピアノ・トリオは、
各自がJAZZ界のスーパースターとしての貫禄。
そして余裕があり安定した演奏の中での3人のGroove 感。
たまらなくイイ!!

大きな身体でウッド・ベースを抱き包むようにシテ、
全音域をあっさりと意図も簡単に早弾き。
驚愕のスタンリー・クラーク。

いつも冷静沈着でいてポーカーフェイス。
レニー・ホワイトの静寂ながら正確なドラムス。

余興で。チック・コリアのお母さん?
贅沢にも。チック・コリア・トリオをバックに美しい歌声ヲ。
MCでは「私の自慢の男よ!!」とコメント。
客としては。楽しいひと時を過ごせて大満足!!

今まで数多くのピアノ・トリオのLIVEへ行ったケド。
ハービー・ハンコック・トリオの、
息をもつまらせる高いテンションと強力なパワー。

今回のチック・コリア・トリオの余裕とも言える、
スーパー・スター達3人のいぶし銀の名演。

JAZZファンならば誰しも。
説明不要の質の高いプレイは、他とはレベルの違う話。

このふたつのトリオは、向うところて敵無シ!!
フォーエバー。

*下記のCDジャケットは、2008年ワールド・ツアー LIVE

Returns

■「Returns / RETURN TO FOREVR 」
  EDGCD-394  EAGLE RECORDS  2008年発売 ドイツ盤
 
チック・コリア(P)スタンリー・クラーク(B)
レニー・ホワイト(DS) アル・ディ・メオラ(G) 

////////////////////////////////////////////////////////

  ◆◇◆ DR.IGARASHIのホーム・ページ ◆◇◆

■「DR.IGARASHIの中古品/特価品 情報」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/7f/dr_iga_used.html

■「 DR.IGARASHIの名機/珍品講座」
  最新号 毎週更新していマス!! 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/7f/dr_igarasi.html

///////////////////////////////////////////////////////

|

« 上杉研究所もNET-SHOPで登録完了しました。 | トップページ | GK »