« LINNのDSのご質問にお答えします! | トップページ | 1970年代のアルバム »

2010年1月18日 (月)

究極の本質への挑戦! マークレビンソン NO.512展示中です。

■◇■NET-SHOP便り■◇■

Netshopdyna1_2

NET-SHOPをやっていますと、最近はどうしても50万円
以下の売れ筋商品に目がいってしまう今日この頃ですが
どうしてもご紹介したい商品がございます。

Cimg3145

マークレビンソン NO.512

マークレビンソンとしましては意外にも初の
SACDプレイヤーとなります。以前のモデルのような
ラウンド型でもなく、かなりオーソドックスなシルエット
が逆に正攻法として造られた証拠のように感じます。

私がこのマークレビンソンNO.512に対しまして
非常に関心するのはとかくSACDのような
かなり帯域の広いソースに対しても十分な
エネルギーバランスを保ち信号に劣化感の全くない
ストレスフリーな音が一聴して分かることでしょうか?

このSACDプレイヤーを聴いた後に他のプレイヤーを
聴くとどことなくプリエコーがかかっているような錯覚(?)
さえ感じます。それぐらい信号伝達能力の優れた
プレイヤーだと個人的にかなり評価しています。

 最初、新製品発表があった時に、このようなご時世で
SACDプレイヤー機の発表ということですから
(しかもデジタルインプット無し)
よほど、説得力のある商品ではないとお客様にも
認められないと脳裏をよぎったのが最初にこの商品を
知った時の印象だったのですが....
(お値段も2,100,000円しますから.....)

聴いてみて納得しました。十分すぎるほど!

そういえば、忘れもしない2008年の冬だったと思います。
早速初売りで1Fの林さんとレビンソンNO.512を納品
しましてCHORDのパワーアンプと接続して聴いてみたの
ですが、まさに凄い音。POPSがPOPSとして当たり前のように
鳴りまして、不自然さが全く無く聴こえてきます。

どのようなジャンルを聴いても違和感が全くないのです。

凄いのに不自然さがない。AUDIO的な色づけがなく、本当の音は
こういうものなんだとレビンソンから改めて語りかけてくるような
存在感があるSACD/CDプレイヤーです。

回路的にはどこにも手を抜いた感のない正攻法なアプローチ
の為、それが逆に箱型となってしまった理由とも聞いています。
(デザインにはどこも遊び心はありませんが.....)

この商品の訴求点として、メモリーバッファにデジタル信号を
一旦保存し、マスタークロックのコントロール下で高精度の
デジタル信号を実現しています。
また、、デジタルインプットはないものの、フルバランスアナログ
ボリューム回路も搭載していますのでパワーアンプとの
ダイレクト接続も可能です。新発売のパワーアンプが100万円
前後で販売開始
となりましたのでレビンソン同士で組合せても
面白いでしょう。

一度、聴く価値は十分だと思うレビンソン新時代の逸品です。

Cimg3146

サウンドハウス5Fで聴けますのでリアルショップも是非、
ご利用下さいませ。
(店長 厚木が本気で鳴らします。!!)

NEWS①:SM-SX200verUPバージョンが中古で入って
きそうです。ご希望の方は予約受付中です。

NEWS②:最後の新品B&W803S(色はチェリー)
1セットだけ大特価でお売りできます。ご相談下さい。

※e-DYNAメインページから入れるように
なりました。

http://www.dynamicaudio.jp/

■■■■御期待下さいませ。■■■■
tomo@dynamicaudio.co.jp

■■■■価格等ご相談ください。■■■■
 
TEL 03-3253-2001 / FAX 03-3253-2006

サウンドハウス  3F&5F

NET SHOP担当 とも田 まで(火曜定休)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆◇◆ メインページはこちら◆◇◆

https://www.dynamicaudio.jp/   

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

« LINNのDSのご質問にお答えします! | トップページ | 1970年代のアルバム »