« 何故か気になるこの1台 NU FORCE CDP-8 その2 | トップページ | Cambridge Audio »

2010年2月 7日 (日)

2010年のCD

◆◇◆ DR.IGARASHI   Today'sPhoto_70eyes  ◆◇◆Beers_68

☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 96%

    
       ギター・フリーク必聴!!

マイルス・デービス、ブレッカー・ブラザース、
クルセイダース等の名作へのセッションで名高イ、
バリー・フィナティーの待望の新作!!

     Barry_f

この新作は。
アルバム・タイトルどーり、
コルトレーンの名演をインスパイアーした、
ストレート・アヘッドのジャズ。

が!? ただのジャズ・ギターではナイ。
バリー・フィナティーが名セッションマン
&フュージョン・ギターリストとしての愛器ギターに、
感情移入する音色にミソがアル。

フルアコのジャズ・ギターで、
クリヤー・トーンを使うのではナク。

ソリッド・ギターを使い、
柔らかで程よくディストーションが効いた、
あくまでもフュージョン・ギターの音色。
終始一貫バリー・フィナティーの音でパフォーマンス。

スケールもブルー・ノート・スケールだけに頼らズ。
泣きのブルース・フィーリングを満載。

「コルトレーンのもつスピリチュアルな要素、
 彼の演奏する音符だけでなく、そのフィーリング、
 そして彼のブルース・フィーリングを抱きながら
 私はレコーディング・スタジオに向かった。」

と本人のコメントがあるとーり。
まさしくコルトレーンへのオマージュであり、
バリー・フィナティーらしく。
流麗でハイブロウなギター・テクニックが展開されて行ク。

アッシのフェバリット・トラックは。
「デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン」
インパルス 1962年発売 に収録されていた
コルトレーン・オリジナル「ビッグ・ニック」。

ファニーでお茶目、思わずニンマリしてしまう
ギターのフレーズを聴いていると、
ソプラノ・サックスを吹くコルトレーンの面影が...。
久しぶりに満足出来たジャズ・ギター・アルバム!!

■「ブルース・フォー・トレーン/バリー・フィナティー」
  CHEETAH(ポニーキャニオン)
  PCCY-30153 2010年2月20日発売

 ブルース・フォー・トレーン/インナーセプション
 ビッグ・ニック/ニー・バップ/アイシャ/ブルーZ
 ザ・テラス/トゥー/リソルーション
  グリーン・ドルフィン・ストリート

 デビッド・キコースキ(p) ロン・マッククレア(b)
 ビクター・ジョーンズ(ds 1/3/9/10)
  グレアム・ハウソーン(ds 2/4/6/7/8)
  チューギー・カーター(perc)

TEL 03-3253-2001 サウンド・ハウス  2F 五十嵐

//////////////////////////////////////////////////////

  ◆◇◆ DR.IGARASHIのホーム・ページ ◆◇◆

■「DR.IGARASHIの中古品/特価品 情報」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/2f/dr_iga_used.html

■「 DR.IGARASHIの名機/珍品講座」
  最新号 毎週更新していマス!! 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/2f/dr_igarasi.html

///////////////////////////////////////////////////////

|

« 何故か気になるこの1台 NU FORCE CDP-8 その2 | トップページ | Cambridge Audio »