« オーディオ誌が出版されました | トップページ | デモしていマス!! »

2010年2月23日 (火)

青天のX-01D2

よいお天気ですね
どうもです(・-・)/
 
どこまでも澄み渡る青空が
一番いいですね
 
ESOTERIC
X-01D2
Img_0382
彼も澄み広がるフィールドが
売りの名プレイヤーです
 
 ↓

 Img_0376
彼がデビューしてから3年も経つのですね
内部配線や端子などに
高コストで挑んだこのモデルこそ
ESOTERICの一体型で"贅"の具現であるのは
メーカーの説明文を読むだけで
ひしひしと伝わります
あまりにもハイテクで
人間の手に負えないのではと
ちょっと錯覚してしまいそう
 X01d2_top_photo
また彼もケーブル等で
予期せぬ引き出しを見せてくれます
そう前回にコンポーネントと書きましたが
とことん磨いだ贅沢なシステムの一部なのです

今日はケルティックアレンジのCDを再生
民族楽器やバンドネオン クラシックギター
柔らかく奥からスッと放たれる感覚
X-01D2の実力であり
X-01D2だけで成せる業ではありません
  
昨夜 いらっしゃったお客様で
「こんなに小さい音量でオーケストラの音聴こえるなんて、ねぇup
そう 大音量なら安価なものでも
ツマミさえ回せば出せるんですよ
高価な機器ってそうやって聴くモンじゃありません
 
定価1,470,000円
 
細かなスペックはメーカーサイトからどうぞ
 
telephoneTEL⇒03-3253-2001
mailtoPC⇒Mail
 
ヤマカタ

|

« オーディオ誌が出版されました | トップページ | デモしていマス!! »