« 1960年代のアルバム | トップページ | ちょっとイイ話!! »

2010年5月12日 (水)

Extreme

雨が止みましたがまだ暗いですね
どうもです(・-・)/
 
現在までは
1Fで演奏中のアンプ
AX-7eに奥津電工のStrikeを接続していたのを
Universeに換えてみたところまででした
StrikeにはEsotericのDAC D-07を支えてもらってます
今日は最上位種 Extremeです
Photo_2  ↓

Structure_1
以前からExtremeには恐怖にも似た
圧倒的支配力の印象があって
凄すぎるから店頭での使用は極力控えよう…
と ずっと使ってませんでした
公に使ったのは去年のケーブル祭で
TommyがTANNOYを鳴らしたときだけです
  
レコーディングスタジオでマイクプリに使用した話では
あまりにも凄い効き目だったので
敢えてStrikeに戻した という逸話がある程
 
奥津さんのサイトでは
これにより得られる音はアナログライクなファットな音。
中音域の艶やかな音色、解像度、密度の
向上が手に取るように分かるはずです。

 8cf18762  
この文章に偽りはなく納得です
私の感想はもっと大袈裟で
強力なケーブルであると恐れかしこまります
つまり畏怖です 
逆にそれが味方となればこれ程頼もしい物はありません
 
中域の温度感は沸騰したかのように熱く
一音一音も グッ グッ と実の詰まった出方で
それでいて 音の間の音(余韻といいますか)
それすらも現れるので タイトなんだけどタイトじゃない
音符以外のモノが広がる様は良い意味で怖いです(笑)
 
この熱々のケーブルですから
前例が現場で起きたように 使い処を誤ることないように
マスタークロックに使ってみました
Photo_3※奥がExtreme
 
この部位なら影響も少なかろうと安直な考えでした
どうやらココが彼の適所だったようです
たかがクロックのACですが あれよと低域のゴゴゴと蠢く
空気の揺れを真っ先に感じ 中音の艶が彼から齎されたと
気づくのに1分もかかりませんでした
 
世間ではHi上がりなFOSTEXという世論があるみたいですが
ここまで中低が充実してる音楽が流れてるのです
この細身のトールボーイから…
う~ん やはりこの支配力はさすがです
 
CDプレイヤーに FRUTECH PS-950
MCKは 奥津電工 Extreme
D/Aコンバーターは Strike
アンプには Universe
そして大元は RGPC600s
Img_0484ほぼ奥津電工にお世話になってます
ささやかなボリュームから沢山の音色が流れてくるのが
とても魅力的です
 
Okutsu Denko
Extreme 1.8m
定価273,000円

 
telephoneTEL⇒03-3253-2001
mailtoPC⇒Mail
 
ヤマカタ

|

« 1960年代のアルバム | トップページ | ちょっとイイ話!! »