« 試聴会後記. | トップページ | Consensus Audio「Lightning SE」デモしております。 »

2010年5月30日 (日)

■Joseph Audio "PULSAR"展示しました。

GWの時に短期間試聴機をお借りしてデモをした"PULSAR"でしたが、予想通り非常に好印象だったこともあり、また優れた小型スピーカーも1ペアくらいはあった方がよろしいのでは・・ということで、この度正式に導入しました。
11_3
10_4新品はこんな風に全面に養生シートが貼ってあります。
下の画像は付属品で、ワイヤーワールドのジャンパーとJ1プロジェクトのコーン・スパイクです。
専用スタンドに載せる場合は、本体とスタンドがネジで固定されますのでこのコーン・スパイクは使いません。
12端子はカルダスなのでY端子専用のバイワイヤリング仕様ですが、シングルの場合は上のように付属のジャンパーを使用します。
ここにスピーカーケーブルのY端子を入れることになりますので、大抵は大丈夫なはずですが端子部分が分厚かったりすると入らなかったり、留めるのに苦労するかも知れません。
14
13 また、専用スタンドも発売になっていましたので一緒に導入です。
天板部分はJ1のハイポリマー・ボードでスパイク、スパイク受けともやはりJ1です。
17
15_4
16_4 ナグラのPL-LとMSAでさっそく鳴らしました。
もちろん新品の音全開ですが、それでも小型スピーカーとは思えないような中低域の充実ぶりが分かります。
小型でもそれなりに低域の出るスピーカーはあるのですが、大抵はボリュームは出ても音像の実体感が乏しくなってしまうものが大半です。
その点、この"PULSAR"は小型とは思えないような実体感を伴った中低域を出してくれます。
18
19 このフロアーのもう一つのコーナーでEinsteinのプリ・メイン"The Absolute Tune II"とセットしたところです。
この"PULSAR"はとことんクールに鳴らすこともできそうですが、私的にはこの管球式ハイブリッド・アンプとの組み合わせがどうもはまりそうです。
このコーナーは壁に近く柱にもギリギリの場所で、条件としては決して好ましくはないのですが、日東紡のシルヴァンが効果的で充分に良さも発揮できそうなので、当分はこのセットで鳴っていると思います。

akiyama@dynamicaudio.co.jp

|

« 試聴会後記. | トップページ | Consensus Audio「Lightning SE」デモしております。 »