« ■セラベースとzigsowのナイロン・インシュレーター | トップページ | ちょっとイイ話!! »

2010年5月 9日 (日)

UTY-15の配線

Uty15  配線にはプリント基盤を用いるのが一般的です。しかし、いくら高価なプリント基盤を用いても、プリント基盤固有の音が音楽に付加されてしまいます。したがって、UTY-15では上杉研究所のほかのアンプと同じく、手間暇のかかるラグ板配線としております。このラグ板配線は補強構造を採用した、1.6ミリ厚のメッキ仕上のメタルベースにガッチリと固定されていますから制振対策も完璧です。最近のアンプでは、プリント基盤による配線が常識となっていますが、これは製造コストを大幅に削減できるからであって、性能面で採用されているのでではありません、美しい音と直結する配線歴40年のベテラン職人グループによる美しい手作業配線にも御注目下さい。

電話...03-3253-2001...担当林 泰夫hayashi@dynamicaudio.co.jp

|

« ■セラベースとzigsowのナイロン・インシュレーター | トップページ | ちょっとイイ話!! »