« La música maravillosa | トップページ | 3F特価品情報です. »

2010年7月27日 (火)

Musikelectronic Geithain 「ME 802K」.

Img_0362
最近はフロアーに来られたお客様がまずは大きなため息、この暑さの中歩いてお店にきて頂けるだけでもありがたいのですが、フロアーに入ってやっと涼しい場所に来れたという安心感からだと思います。とにかく、嫌なほど攻撃的な暑さの毎日です、水分補給はまめに行いましょう。

さて、すでに3Fフロアーではご来店のお客様には興味を持って頂いているスピーカーがあります、「Musikelectronic Geithain」。白いボディーに黒いユニットが何とも怪しげでもありますが、ドイツ産のモニタースピーカーなのです。

このブランドを最初にご紹介したのはもう4年も前でした、その時はアクティブタイプの一番小型な「RL906」ブックシェルフサイズを聴いて驚いたのを良く覚えています、そして同サイズのパッシブタイプをフロアーで鳴らしていました。あのとき既に国内のスタジオユースとしてもの凄い勢いで導入されていてそちらの業界では注目の的でした。それから某著名アーティストがこのスピーカーを全国ツアー各所で使用する等、更に注目と評価を高め様々なアーティストのお気に入りとなっていくわけです、最近でもアーティストのスタジオインタビューで後ろにMEGが映っている事が何度かあって「このスタジオでも使ってるんだなぁ」と思ったり。それからパッシブタイプもシリーズが揃い(ME100ME25)フロアーでもその都度デモを行ってきました。このムジークというスピーカー、まず魅力的なのは同軸型設計を使用している事、ウーファーユニットの前面に特殊な音響調整を施したプレートに中高域ユニットを搭載しています。特に中域システムはプレート背面の音響抵抗を利用して最適な指向性コントロールを実現しています、カラーレーションの無いフラットな再生は見事の一言。前置きが長くなりましたが、現在3FにあるMEGは「ME 802K」というMEGの集大成とも言える4wayフロアータイプ、ムジークのもうひとつの特徴でもある低域の指向性コントロール、このスピーカーからの低域は他でなかなか聴ける事は無いと思います。なかなか大型なのでフロアーにきてから地道に鳴らして様子を見てきましたが、そろそろHPでもご紹介して良い頃だろうと思いました。このME 802Kはアクティブなので現在は「Mclntosh C1000C/T」プリアンプを組み合わせています、真空管のプリで非常に興味深く鳴っています。まずはここまでのご紹介ということで、興味のある方は是非ご試聴にお越し下さい。今後は38cmウーファー搭載モデル等も鳴らしてみる予定です、何だか楽しみ。。。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

Davone Rithmキャンペーンはこちらです!!!

Davone Rithmキャンペーン

++++++++++++++++++++++++++++++++++

LINN DSのシンプルラインナップ、DS-Iキャンペーンはこちらです!!!

LINN DS-Iキャンペーン

++++++++++++++++++++++++++++++++++

※中古品、特価品含むその他の3Fの情報はこちらをご覧下さい、

サウンドハウス3F

※上記内容へのお問い合わせは下記担当柴田までお願い致します。

サウンドハウス3F
03ー3253−2001柴田shibata@dynamicaudio.co.jp

|

« La música maravillosa | トップページ | 3F特価品情報です. »