« Davone Nwe Arrival!!「Ray」. | トップページ | デモしていマス!! »

2010年9月25日 (土)

■brinkmann Integrated プリ・メイン・アンプ

P1060552
お客様からのご要望で久々にプリ・メイン・アンプの試聴を行うことになりました。
リクエストは"brinkmann Integrated"(97万円)
他に何か有力候補をと言うことで私が用意したのが"Jeff Rowland Design Continuum 500"です。
本格的な試聴は週明けになりますが、準備は先ほど済ませました。

"Continuum 500"はこれまでも何度か試聴、販売したこともありますので大体の様子は分かっていますが、ブリンクマンは聴くのも初めてになります。

・・ということで、予行演習を兼ねて少し比較試聴してみました。
スピーカーは"Pulsar"、プレーヤーはリンデマンの"822"です。

"Continuum 500"のインテグレーテッドとしては充分すぎるほどのクォリティーからもたらされる音場の広さと深さ、破綻無く全体を大きくまとめる「大人っぽさ」は音楽を安心して堪能させてくれます。

P1060550
さて、初めて聴くことになる"brinkmann Integrated"ですがアナログプレーヤーの"Oasis"同様に芯のしっかりとした密度も質量も感じさせる実体音が魅力です。
"Continuum 500"に比較すれば、レンジ感、S/N感とも一歩譲るところもありますが、躍動感と言いますかノリの良さ、あるいは微妙なざらつき感などは演奏のダイナミズムをけっこうストレートに出してくれて、聴いていて楽しくて仕方がない・・といった感じになります。

週明けの試聴本番ではではAudio Machina"CRM"も使用して、それぞれの特徴と可能性を更に見極めたいと思います。

akiyama@dynamicaudio.co.jp

|

« Davone Nwe Arrival!!「Ray」. | トップページ | デモしていマス!! »