« ちょっとイイ話!! | トップページ | やっぱり魅力な NP-S2000 -その2- »

2010年9月13日 (月)

組み合わせ いろいろ

西日本は雨模様らしいですね
どうもです(・-・)
  
オーディオ誌が数冊発刊され
新商品目白押しでございます
 
それはまた追々照らしてみましょう
さて、私がいま思いつく組み合わせを
つらつらとご紹介していきます
 
 ↓

 
 
特定の方々へ送るMailでよくやってるのですが
こんな組み合わせがいいな~っていう案です
 
note 2wayスピーカーでSACDを堪能

Sa7s1_front_2 marantz SA-7S1
Cth850_integratedamplifier_highend_ darTZeel CTH-8550
G1300color FOSTEX G1300
 
50kHzのSACDを敢えて小型スピーカーで
鳴らす企てです
Hiよりで小型のG1300でもアンプ次第で彫の深い
音色が獲得できます
赤いスピーカーにマッチする上に
上品なタッチと陰影が出るダールジールのアンプ
実に良い組み合わせでした
(SPケーブルを誤ると破綻しますが)
対となるプレイヤーは金色で
太いエネルギーが自慢のマランツSA-7S1
部屋の空間をめいっぱい使えそうなコーディネートです
 
 
note 暖かみのある音色を
Unicocdpbk_2 UNISON RESEARCH  UNICO CDP
Sagamiaudio_simplytwo UNISON RESEARCH Simply Two
Ikon6 DALI IKON6 mk2

資料写真よりも見た目は非常に合ってます
真空管のメロウなタッチが
最新のDALIが織り成す低域アプローチに
意外な効果を齎すと考えます
スペックがなんや 解像度がなんや
音楽として出なければ意味ない!という方へ
木目により視覚的にもリラックスできそうです
 
 
note 空気感重視
Dx5main Ayre DX-5
Ayre_k5xe_700 Ayre K-5xeMP
Ayre_v5xe_700 Ayre V-5xe
Cs_bogen_2 Consensus Audio Bogen
 
オーストリアのコンセンサスの売りは
吸音材を使わないエアーフロートテクノロジー
そこへ名前もAyreっつー安易な組み合わせですが
これが名前通り理に適ったシステム
Bogenの配置がうまくいった時の壮大さは
ガッツポーズもの
 
note ホームコンサート
Cds2000silverCHORD Cyan Click
Mozart_kirsche_01Vienna Acoustics Mozart GRAND

またオーストリアのスピーカー
Viennaのモーツァルトと英国コードのアンプ
サイアンクリックです
サイアンはUSB-DACを備えているので
パソコンから音楽を再生できます
贅をいえばトランスポートのCODAから
再生できたらいいんですがcoldsweats01
実態的でチェロもファゴットもグイグイきます

 
note 最新の最高級品をシンプルに
 
052Burmestar 052
051_mainBurmestar 051
  Ktema_sycamore_1_5 007Ktema
 
言わずと知れた話題の高額スピーカー
フランコ・セルブリンが放つ芸術の爆発
この作品を相応の機器たちで…と リキんじゃうと
厳つい光景になってしまいます
ダールジールのプリメインで相性は実証済みですが
さらに半価のアンプ 独国Burmestar 051で
小さくまとめました
その分 大音量ってわけにはいかないですが
Ktemaのハイポリッシュアルミのキラキラshine
Burmestarのクロムメッキがぴったり
見栄えは間違いないはずです
スピーカーが美しく 目を引く物ですから
機器まで物々しいと萎えちゃいますよね
きっと静寂から深い音が聴こえてくるはずです
 
 
この例の中でも安価なユニゾン+DALIが
結構 化けるんじゃないかって思ったり
以上 
今回はこの辺で
 
telephoneTEL⇒03-3253-2001
mailtoPC⇒Mail

ヤマカタ

|

« ちょっとイイ話!! | トップページ | やっぱり魅力な NP-S2000 -その2- »