« 秋葉原日記 No,205 | トップページ | ■OCTAVE MRE220 トランス入力仕様 »

2013年2月18日 (月)

■オーディオ・ボード 新製品

免震オーディオ・ボードの"SEISIS"や音響パネル"ピラミッドウォール"で評価の高い"arte"より新製品のオーディオ・ボード"MMS"が発売になりました。

http://www.escart.jp/products/arte/mms/

Mms
見ての通り、厚さ12mmという薄型ですがスチールボールを介した二重構造になっておりその制振性能は確かなものです。

私はほとんどの場合インシュレータの"セラベース・ファミリー"でセッティングを行っており、ラックに収めているコンポーネントにボードを使用することはほとんどありませんでした。

http://www.axiss.co.jp/FEinsul.html

これはラック内で使用するボードで「これは!」といものが無かったのとラック内でボードを使用した時のルックスの問題ですね。

オーディオ・ボードとしてはイルンゴの"grandezza"を重用していますが、ほとんどはスピーカーやパワー・アンプといった床置きの場合です。

http://www.ilungo.com/page/ilungo_accesories.html

それでも時々ラック内で"セラベース・ファミリー"と合わせてボードを使用したいと思ったりもしたのですが、今回のオーディオ・ボード"MMS"はルックス、性能ともそれをかなえてくれる製品です。

上下にセパレートしたボードをスチールボールで点接触させ、コンポーネントが載る上のボードは設置面よりアイソレートされます。

これに"セラベース・ファミリー"とのセットでよりシビアなセッティングのつめを行うことが可能になりました。

先の"セラベース・ファミリー"、イルンゴの"grandezza"そして日東紡エンジニアリングのアンク・コーナーをはじめとした"AGS"に加えて特にお奨めできるアクセサリーのひとつです。
http://www.noe.co.jp/product/pdt1/pd1_12.html

akiyama@dynamicaudio.co.jp
5555 5F 秋山
03-3253-5555

|

« 秋葉原日記 No,205 | トップページ | ■OCTAVE MRE220 トランス入力仕様 »