« ■Dan Dagostino MOMENTUM PRE & MONO POWER | トップページ | ■Focal Scala V2 Utopia デモ中です。 »

2014年2月13日 (木)

■アナログ>テコ入れしました。

前に紹介したManley Labsの真空管式フォノイコライザー・アンプ"Chinook"は相変わらず使っていますが、さらに充実させるべく Phasemationの"EA-1000"フォノイコライザー・アンプも導入しました。

Ea1000
・・・そしてアームもSMEの"Series V"に換装してIKEDAの"IT-345 CR-1"とのダブル・アーム仕様です。

S5
常用しているHanss Acousticsの"T-30"ですが、マグネット・フローティングをとり入れた完成度の高いリジッド・タイプ・プレーヤーでハンス自体の個性と言うよりもアームとカートリッジの音色、特徴だけがそのまま出てくる感じで、このフロアーのように色々なアームやカートリッジを多用するのにうってつけです。

そして久々に使う"Series V"は、発売からほぼ30年たっているにもかかわらず質量感たっぷりの音像とそれに反するかのような豪快で鋭い切れ味のバランスの良さはさすがに未だに第一線のアームであることを実感させてくれます。

・Mysonic Lab"Signature Gold"+SME"Series V"→Phasemation"EA-1000"
・Mysonic Lab"SOLO"+IKEDA"IT-345 CR-1"+Manley Labs"Chinook"

これがステレオ、モノラルそれぞれの今のセットになります。

やはりアナログ/ヴィニール・ディスクの楽しみはつきません。

akiyama@dynamicaudio.co.jp
5555 5F 秋山
03-3253-5555

|

« ■Dan Dagostino MOMENTUM PRE & MONO POWER | トップページ | ■Focal Scala V2 Utopia デモ中です。 »