« ■OCTAVE HP700 追加モジュール "IN 8" | トップページ | ■フォノケーブル XLRバランス化アイテム その2 »

2014年12月 5日 (金)

■フォノケーブル XLRバランス化アイテム

ここでも定番で使用しているフォノイコライザー・アンプ"EA-1000"のフェーズメーションから待望の「バランス受け」ステップアップトランスの登場です。

T500
私の使用している試聴システムではカートリッジからXLRバランス・フォノケーブルでバランス受けのできるフォノイコライザー・アンプへの有効性、接続がもう当たり前になってます。

ただ、これまでのフォノイコライザー・アンプや現在発売になっているものでもバランス受けできるものはまだまだ少数派という状況の中、非常に有力なアイテムの登場です。

T500_b
フェーズメーション T-500 MC昇圧トランス
定価 90,000円(税別)
http://www.phase-tech.com/product/t-500.html

MM入力があればそれでOK。
昇圧トランスとして優秀なのはもちろんですが、何よりトランスでバランス受けできるメリットはこれまでお使いのカートリッジを改めて見直すくらいの効果、価値があります。

上の写真で一緒に写っているのはフェーズメーションのDIN-XLRフォノケーブル"CC-1000D"(50,000円)です。
比較的手頃な価格でT-500と合わせてすぐにでも「バランス」化が可能になります。

akiyama@dynamicaudio.co.jp
5555 5F 秋山
03-3253-5555

|

« ■OCTAVE HP700 追加モジュール "IN 8" | トップページ | ■フォノケーブル XLRバランス化アイテム その2 »