« 2014年8月24日 - 2014年8月30日 | トップページ | 2014年11月9日 - 2014年11月15日 »

2014年11月 1日 (土)

■OCTAVE プリアンプ HP700 常設展示開始しました。

散々待たされた感のあるHP500SEの後継機"HP700"の発表、発売となりこのフロアーにもやっと展示品を導入することができました。

待つこと何年・・って感じで長ったのですが、その間に発売になった"JUBILEE PRE"や"PHONO MODULE"といった製品の利点を踏襲した期待を裏切らない新製品です。

Hp700_1
"JUBILEE PRE"と並べて置くとご覧のようにフレッシュな弟分といった趣きです。

Hp700_5
オプションのMODULEが届いていないのでまだ入力のNO.1とNO.2の部分が目隠し板の状態ですが、オプションモジュールは"IN 8"のトランス内蔵バランス入力が1系統になります。
※11月中旬頃に搭載できる予定です。

これは前回デモ機をお借りして試聴した際にデフォルトの電子式によるバランス入力(入力3、4)に対してオプションのトランス入力でのS/N感が極めて良好だったことによります。

Hp700_3
この現在は空っぽの右側に各種ボードやモジュールと言ったオプションが入ります。

また、この画像では分かりにくいのですが、真ん中あたりにある赤いトルグスイッチはパワーアンプへの出力インピーダンス切り替え(LOW:100Ω HIGH:300Ω)で、これによりフロントパネルでの出力ゲイン切り替え(LOW MID HIGH)と合わせてシステムとしてバランスのとれた接続が可能になります。

また、画像にはありませんがHP500SE同様に外付けの電源ユニットでOCTAVEお馴染みのソフトスタート設計になっており真空管への負荷を大きく低減しています。

さらにバイパス端子・機能が搭載されており全面と背面のスイッチの利用でXLR、RCA入力の選択ができるなどこれまでにない使い勝手にもなっています。

その他にもフォノボード、入力モジュール、ステップアップ・ボリューム、トーンコントロール等の充実したオプションでクォリティーだけでなく使い勝手、信頼性などこれまでOCTAVEを評価してきたどの側面においても進化している製品との手応えです。

Hp700_2
大体はHP700→MRE220→PIEGA Coax90.2 で鳴らしていますが、パワーアンプ、スピーカーは適宜変わる可能性もありますのでご承知下さい。

また、HP700は原則ここ5階にて常時展示していますが、時々他のフロアーへ少しだけ旅にでる・・なんてこともあるかも知れませんので試聴やその他何かありましたらまずはお問い合わせ下さい。

<製品HP>
http://www.fuhlen.jp/octave/products/hp700.html

akiyama@dynamicaudio.co.jp
5555 5F 秋山
03-3253-5555

|

« 2014年8月24日 - 2014年8月30日 | トップページ | 2014年11月9日 - 2014年11月15日 »