« 2014年11月9日 - 2014年11月15日 | トップページ | 2015年2月15日 - 2015年2月21日 »

2014年12月 5日 (金)

■フォノケーブル XLRバランス化アイテム その2

XLRフォノケーブルも選択肢がだんだんと増えてきました。
本日手元に来たのはこれ・・・

Fd_ph
NVSケーブルのエントリー・グレードになる"FD Series"のフォノケーブル"FD-PH-4FT"です。
http://eilex.jp/high-end-audio/nvs-cables/phono-cable/

ここのケーブルはパウダーの充填としっかりとしたシールドのせいか重ためなんですが、このFDシリーズもエントリー・グレードとはいえ手応えのある感じです。

通常使用しているワイヤーワールドの"Platinum Eclipse 7"(240,000円)からこの"FD-PH-4FT"(129,000円)に交換してしばらく鳴らし込んでみました。

超ハイエンドという感じではないですが、必要十分と思われる解像度、情報量は備えた上で実に気持ちの良いピラミッド型の音場です。

個人的に60〜70年代のロック、ブラックミュージックを聴くことが多い私には妙に収まりがいいと言うか、すんなりと流れてくる音楽に身をまかせられる感じです。

これはお気に入りの一本になりそうです。

近々、輸入元様にお願いして上位機種も試聴しようと考えています。

akiyama@dynamicaudio.co.jp
5555 5F 秋山
03-3253-5555

|

■フォノケーブル XLRバランス化アイテム

ここでも定番で使用しているフォノイコライザー・アンプ"EA-1000"のフェーズメーションから待望の「バランス受け」ステップアップトランスの登場です。

T500
私の使用している試聴システムではカートリッジからXLRバランス・フォノケーブルでバランス受けのできるフォノイコライザー・アンプへの有効性、接続がもう当たり前になってます。

ただ、これまでのフォノイコライザー・アンプや現在発売になっているものでもバランス受けできるものはまだまだ少数派という状況の中、非常に有力なアイテムの登場です。

T500_b
フェーズメーション T-500 MC昇圧トランス
定価 90,000円(税別)
http://www.phase-tech.com/product/t-500.html

MM入力があればそれでOK。
昇圧トランスとして優秀なのはもちろんですが、何よりトランスでバランス受けできるメリットはこれまでお使いのカートリッジを改めて見直すくらいの効果、価値があります。

上の写真で一緒に写っているのはフェーズメーションのDIN-XLRフォノケーブル"CC-1000D"(50,000円)です。
比較的手頃な価格でT-500と合わせてすぐにでも「バランス」化が可能になります。

akiyama@dynamicaudio.co.jp
5555 5F 秋山
03-3253-5555

|

« 2014年11月9日 - 2014年11月15日 | トップページ | 2015年2月15日 - 2015年2月21日 »