« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月20日 (火)

■ALLEGRO電源ケーブル 入荷です。

ハイエンド電源ケーブルの定番・・アレグロ電源ケーブルですね。
最近は中古も出てくることも少なくなりました。
今回は一年ぶりくらいの掲載でしょうか。
※以下のコメントはその時のものです。

Allegro_on
電源ケーブルに特別な興味をお持ちの方の間では定番中の定番、「アレグロ電源ケーブル」です。

アース線の通っている「グランド・オン」タイプです。

程度も良好と言いますか・・元々が業務用なのできれいと言うよりもしっかりとした作りになっています。
※元箱、ケースと行ったものも元々ありません。

このケーブルには長さのバリエーションは無く「2m」のみになりますが、両端子側のフレキシブルな部分の長さを加えると実長で約2.5mとなります。

パワフルでありながらスピード感もありハイ・ファイで作為的なところが無く、それでいて音楽的な豊かさ、デリケートさが素直に表現されます。

アレグロ電源ケーブル /2.0m(実長約2.5m) 15A 通常販売価格 350,000円(税別)
※グランド・オン

販売価格 <ご成約> 委託販売品(中古) 本体のみ

akiyama@dynamicaudio.co.jp
5555 5F 秋山
03-3253-5555

|

2018年2月14日 (水)

■Argento Audio Flow Master Reference AC

一年ぶりの入荷になります。

前に掲載したときの紹介文をそのまま載せます。

------------------------------------------------
ブランド名通り「銀線」にこだわるデンマークのアルジェント・オーディオの現行品の最高峰"Flow Master reference"の電源ケーブルです。

"Flow"までの電源ケーブルは聴いたことがありましたが、さすがにグレードの違いをまざまざと感じさせてくれる真の実力派、ハイエンド電源ケーブルです。

アルジェントに共通している銀線ならではの質感の滑らかさ、デリケートな粒子感とよどみないスピード感がこの"Flow Master reference"では最大限の広がり、豊かさで迫ります。

すべての帯域に渡って磨きに磨かれた・・という感じで一部の銀線で感じるような鋭さやヒリヒリ感は全くありません。

------------------------------------------------

Fmr_2m
Fmr_c

新品同様と言ってもいいほど程度は良好でオリジナル革製ケースも付属しています。

ところで前回と革ケースの色が変わってますね・・今回のが新しいタイプです。
※もちろんケースのみの変更なのでケーブル自体は同じです。

オリジナル・ケースはこれまで木製→黒革ケース→今回のグレー革ケースだと思いますが、木製と黒革の間に茶色の革ケースの時があったかも知れません。
ちなみに偽物の話しも聞いたりしますが、全体の画像だけでは私でも判断できないようなものがあるらしいですね・・ご注意下さい。

Argento Audio  Flow Master reference AC 15A / 2.0m
販売価格 <ご成約>  委託中古品

akiyama@dynamicaudio.co.jp
5555 5F 秋山
03-3253-555

|

■STAGE III 電源ケーブル KRAKEN/2.0m 入荷です。

2.0mのKRAKEN ACが入荷しました。

STAGE IIIは国内に代理店が無いため個人で輸入するか中古品を入手するしかありませんのでマイナーな存在なはずですが・・マニアの方を中心にその評価は確固としたものがあります。

委託品の販売はこのブログでもこれまで2回ほどしか出していませんが、ブログに載せる以前に店頭で見つけられてそのままご購入というケースも何度かありました。
私の思っている以上にマニアの方には知れ渡っているみたいですね。

Kuraken2
特段と言っていいほどのS/N感で音場の納まり方が抜きんでていると思います。
また、左右と奥行きのバランスが極めて自然に感じられ音像の実体感が際立ちます。

STAGE IIIのケーブル全般に言えることですが、このメーカーのケーブルこそこれまで数々の場数を踏んでケーブル三昧をされてきた方にこそ聴いていただきたいと思います。

元箱付きで程度も良好です。

STAGE III CONCEPTS KRAKEN AC/2.0m 15A ※国内での取り扱いはありません。
販売価格 <ご成約> 中古委託品

akiyama@dynamicaudio.co.jp
5555 5F 秋山
03-3253-5555

|

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »