« 任務完了。 | トップページ | 新製品のお知らせです。 »

2007年9月28日 (金)

1940~50年代のアルバム!!

◆◇◆ DR.IGARASHI   Today's eye  ◆◇◆

 ★DR.IGARASHI 今日のBeer指数 97% !!★

若きコニッツの代表作

Lee_konitz

「JAZZ THE BEST Legendary 150」と言うシリーズで、
名門レーベル プレステッジ/リバーサイド/コンテンポラリー
の名盤150タイルの内、先ずは100タイトルが発売中。

シリーズ100タイトル中で、
先ず。アッシの触手を動かされたのが、
「SUBCONSCIOUS-LEE / LEE KONITZ 」

過去に何度か再発されているケド...。
その時はオリジナル・ジャケットではなかったノデ、
財布の紐が緩まなかった。

今回は何と言ってもDSDマスターリング処理されてイル!!
何せ1949~50年録音だカラ、LPの時代も決してお世辞にも
「音が良い」とは言えなかった。

DSDマスターリング処理の結果、曇っていた音像は各部の分解度
が向上し空間表現までもが再現されるよーになった。
演奏にLIVE感覚が実現!!

トリスターノ派で門下生であるリー・コニッツは、
チャーリー・パーカーの影響を強く受けたアルト奏者。
師トリスターノから授かったクール理論を実施し、
アブストラクトな美しさに溢れたインプロビゼーションで、
独自の音世界を創作し始めた頃のアルバム。
当時22歳だった。

若きリー・コニッツのインプロビゼーションは、
正しく。限りを知らない  だから凄い!!

■「SUBCONSCIOUS-LEE / LEE KONITZ 」
  ユニバーサル UCCO-5080 再発 1949~50年 NY録音

 リー・コニッツ(as) レニー・トリスターノ(p *1-4)
ウォーン・マーシュ(ts) ビリー・バウアー(g)
サル・モスカ(p *5-7-11) アーノルド・フィシュキン(b)
シェリー・マン(ds)
             
■お問い合わせ/ご予約は下記へどーぞ。 
mailto:igarashi@dynamicaudio.co.jp

TEL 03-3253-2001 サウンド・ハウス  7F 五十嵐

|

« 任務完了。 | トップページ | 新製品のお知らせです。 »