« 2014年2月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年5月18日 (日)

■Phasemation EA-1000フォノイコ強化電源とPP-1000

ここでメインで使用しているPhasemationのフォノイコライザー"EA-1000"です。

Normal
このように通常は本体X2に共用電源部が1台ですが、電源部の強化として電源部のみオプションで別売になりました。

それに合わせてPhasemationの最高級カートリッジ"PP-1000"も同時にデモすることができました。

Ps1000_3
アートリッジの"PP-1000"、別売電源部"PS-1000"とそれに付属するショート用端子にグランド用のワイヤーです。
http://www.phase-tech.com/pdf/PS1000.pdf

まず"PP-1000"を改めて試聴してみます。

Pp1000
高解像度、ワイドレンジといったクォリティーと密度感のある音像の再現を両立させた「さすが」という感じのカートリッジです。

さて、次にオプション電源ユニットの増設でこれで電源部も含めて管球式の完全セパレート・フォノイコラーザーになりました。

Ps1000_1
Ps1000_2
電源部の強化ということでの期待どおりの結果です。

中高域は非常に豊かでふくよかになり空気感が溢れます。
中低域、低域も深みと太さが出てきて音場全体に懐が深くなり、タイム感がいっそう出てくることで抑揚感や感情の微細な表現にもリアリティーを感じます。

今回の追加電源部はお借りしているので短期間のデモしかできませんが、ここまでの効果があるのでしたらゆくゆくは常設にしたいとも考えています。

akiyama@dynamicaudio.co.jp
5555 5F 秋山
03-3253-5555

|

2014年5月 4日 (日)

■IKEDA & MUTECH カートリッジ

カジハラ・ラボ様のご厚意で気になっているカートリッジを3機種デモ、試聴できることになりました。

カジハラ・ラボ
http://www.kaji-lab.co.jp/index.html

Kajihara_l
右から.... IKEDA SAI(彩) IKEDA 9mono MUTECH LM-H の3機種です。

Sai
IKEDA SAI(彩) 380,000円(税別)
天然木カリン材を使用したシェル一体型の特徴的なスタイルを持つIKEDAカートリッジのトップモデルです。
腰の据わった安定感と解像度充分の生々しさを感じます。

9mono
IKEDA 9mono 239,000円(税別)
音像の芯と骨格がしっかりしており立ち上がり、立ち下がりの反応も適度に早く楕円針が上手に最新のオーディオ・システムにマッチしてモノ・レコードのハイ・ファイ感が実に自然です。

Mutech
MUTECH LM-H 270,000円(税別)
オルトフォン型のマグネットとヨークの組み合わせでなくマグネット内部で直接コイルが動くという独自の構造と優れた磁性体の相乗効果でしょうか・・解像度を損なうことのない厚みとキレのある低域です。

ーーーーーーーー

アームはIKEDA IT-345、フォノイコはフェーズメーション EA-1000、マンレイ CHINOOKを使用しました。


akiyama@dynamicaudio.co.jp

5555 5F 秋山
03-3253-5555

|

« 2014年2月 | トップページ | 2014年7月 »