« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月28日 (土)

■電源ケーブル試聴> ⑤

電源ケーブルは今回で取りあえず一旦終わりです。
最後はBMIの"OCEANIC STATEMENT"とSTAGEIII CONCEPTSの"KRAKEN"です。

どちらも国内に代理店は無いので初めて聴いたのは何年か前に中古品として出てきた時になりますが、「ちょっと・・いや、かなり驚いた」というのが当時の記憶ですが、改めて聴いてみてもその時の印象、評価とも変わらないです。

まずは、これから。

Ocs_2
BMI CABLES "OCEANIC STATEMENT"です。

こうやって撮ると太さが分かりやすいですね。
かなり太めですが、わりと軽めで取り回しもまぁまぁ楽です。

音に関しては、もうこのレベルになってくると語ることも無くなってきますね。

ステレオイメージとか音場感とか音の実在感といった表情、表現に関してはニュートラルと言ってしまうと失礼な感じになるくらい自然で余裕も感じます。

極めて「クール」な感じです。
クールと言っても冷たいってことではないです・・非常に格好いいです。

雰囲気として全体に引き締まった感じよりも良い意味での「余裕からくる緩さ」があり、なおかつ音像がボケることもありません。

そこへ持ってきて、ヴォーカルや楽器の音の暖かみにも似た質感が伝わってきてそれが「クール」に表現されるので、これはたまらん!って感じになりますね。

音質そのものには微妙なキャラというかクセはありますが、それはそれでツボにはまってくるので全く問題なしです。

ちなみに前段、後段、パワーアンプどちらに使っても良いと思っています。

さて、最後になりますがこれです。

Kraken1
STAGEIII CONCEPTSの"KRAKEN"です。

一聴して分かる最高のS/Nと情報量、解像度からくる極めて正確な音像の定位は決して分析的にはならずそれぞれが音場に溶け込んでいるようにも聴こえます。

低域の量感もたっぷりと感じることができますが、下に伸びるだけで他の帯域を邪魔することはありません。

アコースティック楽器の響きや余韻、ヴォーカルの息づかいなども極めてデリケートに聴かせると思えばエレキベースやエレキギターの僅かなコンプ感も嫌み無く表現されるので演奏のグルーブ感や間といったものもリアリティーを持って感じることができます。

これまたプレーヤーでもプリでもパワーでもどこで使用しても別段おかしくはありませんが、オールマイティーに近いクォリティーと幅広い表現力のキャパシティーを持っていますのでパワーアンプでの使用がデフォルトと言うかあれこれ悩まないで済むかも知れませんね。

KRAKENに関しては客観的な部分(これもやや曖昧ですが)についてケチを付けるところが無い・・というのが現時点での私の感想です。

強いて欠点をあげれば太い、重たい、(値段が)高いってことでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これで主な電源ケーブルのご紹介は一旦終わりにして、もう少ししてからインターコネクト・ケーブルのご紹介に入りたいと思います。

今回、スピーカー・ケーブルから始まって電源ケーブルまで来ましたが実はその間試聴に使用しているシステム自体もアンプが変わったりスピーカーが変わったりしています。

スピーカーが変わったりしたらそれに慣れるというか飲み込むまでもう大変なのですが、それでもケーブルのみにピンスポットをあてての評価は可能なんだ・・と言うことも改めて分かりました。

では、引き続きよろしくお願い致します。

akiyama@dynamicaudio.co.jp
5555 5F 秋山
03-3253-5555

|

2015年3月21日 (土)

■電源ケーブル試聴> ④

一般的ではありませんが、使っている方が意外と多いのでは・・・

Allegro
ALLEGRO電源ケーブルです。
日本人の方のプロデュースによるアメリカ製といったところ。

長さ表記は2.0mだったと思いますが、実際には2.5mくらいありその太さと合わせて取り回しは苦労します。
ただし、両端子の手前は比較的細くなっているので機器への接続自体は通してしまえばそれほどでもありません。

ここでは普段は壁コンセントからACボックスへ使用しているのでつなぎっぱなしの状態です。
したがってこのケーブル単体を試聴するということはここ何年もしたことないですね。

本来はスタジオ使用等の業務用として開発されたもので、元々はアース有りのグランド・オンと無しのグランド・リフト仕様がありましたが現在はグランド・オンのみになっているはずです。

で、その能力はと言うと意図的なところを全く感じさせない素直な音です。

良くしよう・・良くしよう・・・と思って作り込んでいったらこの太さ、この長さになってしまった、というところでしょうね・・以前に聞いたところではこの長さ以外短いのも長いのも作ってもらえませんでした。

「素直な音」と言いましたが、評価がそれだけの場合はたいていはつまらない音です。
ネガティブな印象をごまかす時に便利に使うことがあります。

ですが、このALLEGROは全く正反対というか質量感を伴った音像のリアリティー、スピード感、音場表現がどこがどうと言うことではなく至極当たり前の感じでそこにあります。
ひとつひとつの特徴をとらえてあーだこーだ評価する感じではないです。

オーディオの場合「あちらを立てればこちらが立たず」みたいなことの繰り返しである意味「落としどころ」を見つける作業でもあるのですが、このALLEGRO電源ケーブルは意図せずそれができてしまったケーブルのようです。

リファレンス的な電源ケーブルを1本は持っていたい、使ってみたと言うことであればこのALLEGROが最右翼ですね。
ということで、私も壁コンからのケーブルはこのALLEGROで固定になっております。

次は先日のエソテリックに続いての国産品。

Horus
武藤製作所の"HORUS NEO +α"電源ケーブルで"Terminator"な無しのタイプです。
同じ"HORUS NEO"でもインターコネクトと違って柔らかく取り回しも楽です。

"HORUS"はインターコネクトも含めてですが、NEO→Terminator→+αと使っています。

"HORUS"を初めて聴いた時の印象は日本人の「琴線」に触れる音世界・・という感じでそのクォリティーの高さと合わせてデリケートで繊細、しかし弱々しくはならないところに惹かれました。

極めてパーソナルな感じでオーディオに思いっきり入り込んで楽しむといったところがあり、良くも悪くも好みの分かれるところだったと思います。

これがNEO→Terminator→ +αと進化することで簡単に言うとキャパシティーの広さ、懐の深さがよりはっきりと分かるようになり、そして +αで伸びやかさというか開放感も気持ちよく加わりけっこうインターナショナルな趣きになってきたように感じてます。

それでもやはり聴く人を前のめりにさせるところがあるのが"HORUS"のいいところなんでしょうね。

akiyama@dynamicaudio.co.jp
5555 5F 秋山
03-3253-5555

|

2015年3月18日 (水)

■電源ケーブル試聴> ③

なかなか一度に書けなくてすいません。
今日はまずこれ。

Plmm2x
TranceParentのPLMM2Xです。
国内定価28万円と安くはないが、ハイエンド系としては高くもない。

高性能で個性控えめのニュートラル系、お値段もまぁまぁ。
それなりのシステムにふさわしいケーブルを・・でもケーブルにはあまり凝りたくない、とんでもなく値段の高いのはダメ、という時に最適な落としどころがこのPLMMX2ですね。

音場タイプといえば音場タイプ、音像タイプといえば音像タイプ・・みたいに言うと誤解を招くかも知れませんが、それほどバランス良くまとまっています。

いかにも音場タイプ・・細かい粒子で埋まった広い空間表現みたいなことはしませんが、高S/N感(これが価格を超えたレベル)に支えられた空間に適度にしっかりした音像がちゃんと立体感を持って存在してきます。

総合的な性能も高くキャラクター性も低いので、性能的な不満も出ないしコンポ以外のクセも感じることも少なく使っていることを忘れさせるケーブルですね。
その分、ケーブルに入れ込んでいる方にはちょっと物足りないかも知れませんが。

前段、後段でもいけますし「迷ったら」「選ぶの面倒になったら」・・PLMM2Xでいいんじゃないですか。

では、次。

Vallhala2
NORDOSTの"Valhalla 2"です。
初代の"Valhalla"に比べると見た目も音も変わりました。

初代"Valhalla"は「これがハイエンドだ!」といったところがありました。
インターコネクトに特に顕著だったと思いますが、その麻薬的な持ち味でファンの方もたくさんいらっしゃいました。

クールで繊細、粒子が細かく浸透力の強い音場タイプといった趣で空間表現を得意とする当時のハイエンド指向にピタッとはまるケーブルでした。

で、この"Valhalla 2"がどうなったかというと「その匂いを残しつつ」性能的にグレードアップしました。

音像の確かさ、線の太さといったところがさらに上位クラスのものに匹敵するレベルになり、時に鼻につくこともあったかも知れない「ハイエンドでございます」感は影を薄め洗練された大人になったような感じです。

「線の太さ」と書きましたが、これは「太い」ということではなくどちらかというと「普通」になったというところでしょうか。

初代"Valhalla"が「細い」というわけでは無いのですが、「太い音を期待する」には向いてないなぁ〜程度のことです。

実際のところ初代"Valhalla"電源ケーブルをパワーアンプに使っている方を私は知りませんしプリに使う方も少ないかも知れませんね。

今回の"Valhalla 2"はその意味でも性能のアップに伴って汎用性も上がったと思います。
でも、パワーに使う人はやっぱりいないかな。

akiyama@dynamicaudio.co.jp
5555 5F 秋山
03-3253-5555

|

2015年3月16日 (月)

■電源ケーブル試聴> ②

PC9500の次はヨルマ・デザインの"PRIME"電源ケーブルです。

Prime

ヨルマ・デザインはインターコネクト、デジタル・ケーブル、スピーカー・ケーブルは正規代理店により国内にも輸入されていますが、電源ケーブルは輸入されていません。

今回のこのケーブルも個人の客様からの拝借品です。

借り物ですが、このフロアーでもシステムの中で遠慮無く使わせていただいているのですが、来店されたお客様より「これは売り物ですか?」と聞かれることが一番多いのがこれです。

海外でも流通している価格はけっこう高いようで私のところに委託販売で出てきた中古品もこれまでで2本しかありませんね。

ヨルマでもクァンタム・ピューリファイ搭載は「PRIME」シリーズだけになりましたが、8N高純度銅線との強力な組み合わせはこの電源ケーブルも同じで最高クラスのS/N感と鮮度を聴かせてくれます。

しかし「広大なステレオイメージ」とか「どんな微細な音もあますこと無く・・」とかの感じではないです。

実際、十分な空気感を含んだ音場もできているし解像度も極めて高く最高クラスのS/N感がもたらす情報量は圧倒的といってもいいのかも知れませんが、低域は深く伸びていても抑制は効いていて高域も粒子の粒まできれい表現しているようで少し「伏し目がち」みたいなところがあり大人・大人しているところがあります。

一言で言うと「深みがあるってこういうことなのね・・」ってところでしょうか。

後々「PRIME」はインターコネクトやスピーカー・ケーブルでも語ることになる思いますが、「PRIME」は下手すると「音はドバドバ出てくるけど」という感じで収まりがつかないことがあります。

表現は正しくありませんが、使用するコンポーネントの能力を超えて音が出てくるというかとりとめも無く出てくるのでコンポーネント自体のレベルが高くないとコントロールできていない感じになります。

何年も前ですが初めて「PRIME」のスピーカー・ケーブルやインターコネクトを聴いた時がそうでした。
その時もまぁまぁのそれなりのシステムだったのですが「このクラス、グレードじゃダメなんだね」と思ったことを覚えています。

この電源ケーブルにはそこまでの印象はありませんが、今回の試聴システムだから大丈夫なのかな・・と思ったりもします。

どこかに使いたい、でもどこに使うのがベストなのか「悩みに悩む」ケーブルですね。

akiyama@dynamicaudio.co.jp
5555 5F 秋山
03-3253-5555

|

2015年3月14日 (土)

■電源ケーブル試聴> ①

電源ケーブルです。
ある意味、ケーブルの中でも一番面白いというか汎用性も高く「すぐに役に立つ」感じでしょうか。

・JORMA DESIGN "PRIME"


・STAGE III Concepts "KRAKEN"


・BMI "OCEANIC STATEMENT"

・TRANCEPARENT "PLMM2X"


・NORDOST "Valhalla 2"

・ESOTERIC "7N-PC9500"
・Aug-Line "Horus NEO+α AC"
・ALLEGRO電源ケーブル

これにArgento Audioの"FLOW MASTER REFERENCE"ACケーブルでもあれば嬉しかったんですけど今回は残念ながら用意できませんでした。

ケーブルにも適材適所があってそれはシステムやユーザーの方の感性にもよって変わってくるのですが、電源ケーブルはインターコネクトやスピーカーケーブルと違ってプリ、パワーのアンプ、CDやアナログのプレーヤー、その他DACや場合によってはコンセントボックス等々「活きる場所を見つけてあげる」という楽しみもあります。

プリメイン・アンプとCDプレーヤーとスピーカーだけのシステムでしたら電源ケーブルも2本で済みますので適時適所と言っても二通りしかないわけでそんなに悩むこともないのですが、本数が増えてくるとそうも言っていられません。

やみくもにケーブルをあっちこっち換えてみてもいつまでたっても決まらないってことになります。
まずはそれぞれのケーブルの素性を何となくでも把握しておけば、後はいろいろと「さば」を読みながらそれぞれのケーブルの「活きる場所を見つけてあげる」作業もしやすくなります。

ということで、今回は初心に返ってケーブルを接続して比較するコンポはSACDプレヤー"PlaybackDesign MPS-5"に固定でやります。

スピーカーケーブルでのシステムはオクターブとピエガでしたが、今回は様変わりしております。

System
プリアンプはConstellation audioの最新「インスピレーション・シリーズ」の"PREAMP 1.0"(145万円)、パワーアンプはクレルの"Solo 575"モノラル・パワーアンプ、スピーカーはYG Acousticsの"Hailey"です。
ちなみにプリの"PREAMP 1.0"(145万円)は、昨今超高額の製品が多くなっている中、注目に値する中堅どころのプリではないかと感じています。

今回も順番は特に決めていませんが、最初はこれで・・・

Pc9500
ESOTERIC 7N-PC9500 MEXCEL
1.5mで36万円という国産の電源ケーブルとしては破格の高額品です。

普段、いろいろな電源ケーブを使うことになるのですが国産ではこのPC9500と武藤製作所のHORUSが常駐といったところです。

MEXCELの電源ケーブルは9000シリーズをずっと使っていて特にこの9500はハイエンドぶりが板に付いてきた感があります。

高域、低域とも自然に伸びており左右の広がりも含めて極めて分かり易い音場空間を構築します。
適度な空間の広さ・・といった感じで高域、中域、低域ともその中でゆとりを持って鳴るので音像の実在感も際だって聴こえます・・ホントよくできている感じ。

情報量、解像度も十分と感じさせてくれるものですが、このPC9500の下位モデルPC7500も基本的なクォリティーに関してはPC9500といい勝負ではないかと思うところもあります。
しかし、先に書いた音場空間のリアリティーというところがPC9500には及ばないところなのかなぁ・・と。

音像そのものは芯のあるエッジもしっかりとした音ですが、硬い、冷たい、キツイとか低域が詰まるといったこととは無縁ですので、純粋にエソテリックの個性としてとらえればいいと思います。

今回はSACDプレーヤでの試聴でしたが、2本あれば悩むこと無くパワーアンプ(モノなので)に使いますね・・もちろんここでのシステムと私の好み限定での話です。

>>>> 続きは②まで少々お待ち下さい。


akiyama@dynamicaudio.co.jp
5555 5F 秋山
03-3253-5555

|

2015年3月 5日 (木)

■SPケーブル試聴>続き

少し間が空いてしまいましたが、スピーカー・ケーブルの残り2機種です。

前回はNVS "Silver 1 Ultimate"、 Wireworld "Platinum Eclipse7"、Aug-Line "Isis"の3機種でした。
今回はまずこれ・・

Mant
STAGE III Concepts A.S.P. REFERENCE "MANTIKOR" スピーカー・ケーブル

カリフォルニアのメーカーですが、日本に代理店はありません。
これもお借りしているものです。

日本で言うところの標準価格は2mで14,900USDということで、これもかなりのものです。

STAGE III Conceptsのケーブルは後々電源ケーブルやインターコネクトでも登場することになると思いますが、最上位モデルには型式の前に"A.S.P. REFERENCE"と付くみたいです。

ケーブルそのものは太くて重いのですが、オリジナルの端子も含め造りの良さというか高級感、存在感のある外見と手触りです。

その太さと持った時のしっかり感がそのままS/Nの良さにつながってる・・と感じてしまうほど圧倒的な高S/Nとその中に浮かぶ極めて自然で豊かな音像に驚きます。

暖かな雰囲気を伴う空気感で誇張も脚色もなくスピーカーに無理強いしているところもないといった感じなので、それなりのシステムでないとこのケーブルの真価は分かりにくいかな・・などとも思ってしまいます。

さらに今回お借りしているのはY端子なのですが、これがちょっと特殊です。

Y
スピーカー・ターミナルのシャフト部にカチッとはめ込むのですが、これが場合によってはけっこう大変。
たいていの場合、それほど苦労なく接続できますがものによってはシャフトがやや太いのかな・・なかなかはまってくれません。
ペンチなどで少し開いてあげれば簡単でしょうが、今回は借り物なので・・。

そんなこんなで、このケーブルに合いそうなシステムのことなども考えるにコンポーネントもケーブルもある程度キャリアと言うか場数を踏んでいらっしゃる方向きのケーブルだと思います。

クィリティーに関して何もお伝えしていませんでしたが、どれも最高レベルですので心配いりません。

次は・・

Inspire_sp
今回の最後はNVS "Silver Inspire"スピーカー・ケーブルです。
先に"Silver 1 Ultimate"を紹介していますが、これはその上になる最上位モデルで1.8mで246万円という「なんでですか?」と言いたくなるような価格です。

ただ、"Silver 1 Ultimate"も227万円という価格なのでここまで来ると決定的な価格差ではなくグレードの差と言うよりもキャラクター作りの違いからくるのかな・・とも思います。

実際に試聴してみたところもまさにそうで、この"Silver Inspire"はより現在進行形のハイ・エンド・ケーブルの音を目指したもののようです。

"Silver 1 Ultimate"のようにどちらかというと中域から低域にかけての鳴り方、質感に命をかけたような
ところは無く上も下も均等にきれいに伸びていきます。

音像の押し出し感も押さえられて空間と上手にそしてよく馴染む感じで粒子も細かく確かに"Silver 1 Ultimate"に比べれば最先端のスピーカーやアンプにそのままはまっていく感じですね。

その中にもNVSらしい腰の強さというか濃いところも感じるのはメーカーとしての個性でしょうか。
なかなか素晴らしいケーブルですが、キャラクター全開でない分ライバルも多いかも知れませんね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

取りあえず今回ピックアップした5機種のスピーカー・ケーブルの試聴は何とか終わりましたが、ヨルマとかとトラペとかノードストなどもやりたいですね・・今度考えます。

今週はケーブルだけを集中して聴く時間はもうとれませんが、来週から改めてインターコネクトと電源ケーブルに取りかかりたいと思います。

akiyama@dynamicaudio.co.jp
5555 5F 秋山
03-3253-5555

|

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »